本紙購読

特集ページ

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月26日 (土)

第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭

 第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭「ベスト・オブ・ベストシリーズVol・6室内オーケストラ・コンサート」が25日午後7時半、大分市のiichikoグランシアタで開催され、1754人が参加した。

05263

 水戸室内管弦楽団がラデク・バボラーク氏の指揮で、「小組曲op・39」、「牧神の午後への前奏曲」、「フランス組曲op・248」を演奏した。1曲終わるごとに、会場に拍手や「ブラボー」などの歓声が響いた。
 20分の休憩後、マルタ・アルゲリッチ総監督と世界有数のトランペット奏者セルゲイ・ナカリャコフ氏が登場すると、割れんばかりの拍手が起こった。
 アルゲリッチ総監督がピアノを弾き、ナカリャコフ氏がトランペットを吹き、水戸室内管弦楽団とのハーモニーが会場を包んだ。ピアノ協奏曲第1番ハ短調op・35の第1~4楽章を演奏し、来場者の大きな拍手が鳴りやまなかった。

05262

 花束を贈呈された両氏が退場しても拍手は鳴り響き、アンコールとしてアルゲリッチ総監督がピアノ、ナカリャコフ氏がトランペットで「幻想小曲集op・73」を演奏した。
 最後にサプライズとして、「ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタFP33より第3楽章」「ハッピーバースデー変奏曲 テーマ バリエーション13タンゴ」をアルゲリッチ総監督に贈られた。
 中津市から来た秋吉奈穂さん、ピアノ歴7年の柚奈さん(11)の親子は「とても楽しみにして来ました。金管楽器があれば、会場が華やかになる。やはりプロは違う」。
 札幌市から来た女性は「アルゲリッチ総監督のことが書かれている本や映画などを見て、ファンになりました。札幌市では公演がないため、来ました。総監督の演奏は、やはり良かったし、満足しました」と述べた。

2018年5月25日 (金)

市学生大同窓会実行委立ち上げ

 別府市学生大同窓会の実行委員会設立総会が24日午後3時、別府市役所で行われた。

0525t2

 別府市内には、別府大学、別府溝部学園短期、立命館アジア太平洋大学(APU)があり、毎年約1600人の学生が卒業をし、多くの学生は別府を離れて就職したり母国に戻ったりしてる。昨年夏に約1200人のボランティアスタッフが運営を支えて成功裏に終わった「湯~園地」の遺伝子を継承するイベントとして、県内外・海外へ行った卒業生に別府をもう一度訪れてもらい、世界から見た別府の地域課題を提起し、その解決策を実行させることを目的として行われる。
 長野恭紘別府市長は「別府は多くの学生によって支えられている町。別府が大好きで第2の故郷と思ってもいながらも、仕事で市外へ出たり母国へ帰って行く。その後、一堂に会する機会がなかった。我々がそれを提供し、みんなが帰ってくるイメージ。ずっと続けていける、別府を代表するイベントになればと思う」とあいさつ。
 会長に長野市長、副会長に阿南寿和B-bizLINK理事長(副市長)、監事に堀精治市旅館ホテル組合連合会専務理事と柳川智哉市観光施設連絡会事務局長を決めた。
 引き続き、第1回総会が開かれ、30年度の事業計画案と予算案を審議したが、総会は非公開で行われた。

母の日似顔絵コンクールの表彰式

 今日新聞社主催の「母の日似顔絵コンクール」(別府市、別府市議会、別府市教育委員会、別府商工会議所、別府市観光協会、JAべっぷ日出、別府パストラル後援)の表彰式が23日午後4時半、ホテル別府パストラルで行われた。

05253

 市内の幼稚園児と小学生を対象に葉書きで募集し、443作品(人)の応募があった。表彰式に今日新聞社社長賞の横山莉世さん(10、境川小5年)ら入賞の児童・園児13人と父兄が出席した。
 檀上陽一今日新聞社社長が「母の日似顔絵コンクールは、40年以上続いています。今回の作品を見ると、乃木坂46やE―girlsをモデルに描いたのかと思うような作品ばかりでした。会場に来たお母さん方を見ると、お母さんの良いところをデフォルメして描いていると、443点の力作が集まりました。この絵は、自分に対する愛情、お母さんがいつも見守ってくれている想いを一緒に筆のタッチの中に込めたと思います」とあいさつ。
 来賓の阿南寿和別府市副市長(市長代理)「大好きなお母さんがよく描かれており、素晴らしい作品ばかりでした。お母さんのことが好きという気持ちが溢れていましたが、お母さんはその何倍も皆さんのことが好きだと思います。勉強を頑張って、お母さんのお手伝いをすれば、さらに皆さんのことが好きになると思います」。
 黒木愛一郎別府市議会議長「絵を見させていただきましたが、本当にお母さんの特長、笑顔が、本当に素晴らしく、お母さんのことが好きということが伝わってきました。これからも、お母さんの喜んだ顔が見れるよう、勉強に、遊びに、お手伝いに頑張って下さい」。
 姫野悟市教育委員会学校教育課長(教育長代理)「443点の応募があり、その一枚ずつにお母さんへの思いがこもった素敵な作品ばかりで、入賞作品を選ぶことが大変だったとうかがっています。クレヨン、色鉛筆、絵の具を使って丁寧に描かれた作品からは、お母さんが大好きという気持ちが伝わってきました」。
 堤健一別府商工会議所専務理事(会頭代理)「選考で443点を見させていただきましたが、どれも力作ばかりですごく迷いました。入賞作品は、お母さんのことをよく見ている、お母さんの愛情が感じられる作品を選びました。子どもが一生懸命思って描いた絵は、思い出とともに宝物になります」。
 安波照夫別府市観光協会専務理事(会長代理)「すべての作品を見させていただきました。出席されたお母さんと似顔絵を見ると、本当によく似ています。親は、子どもが描いた絵はいつまでも持っているものです。お母さんに感謝して、次回もコンクールに出して下さい」。
 佐藤隆博JAべっぷ日出代表理事組合長「皆さんが一生懸命似顔絵を描いたことが伝わり、今回の受賞となったと思います。別府市で取れたお米を食べ、安全で安心な果物や野菜を食べて、大きく成長して下さい。今回の表彰は、皆さんの自信になると思います」。
 幸公博別府パストラル統括部長(代表取締役社長代理)「選考から携わらせていただきましたが、いずれも力作ぞろいで入賞作品を選ぶことが本当に困難でした。今後、この絵を描いたときの気持ちを忘れずに、お母さんを思っていって下さい」とお祝いの言葉が続いた。
 入賞者に賞状、トロフィー、賞品が贈られ、記念撮影をした。全応募作品は31日まで、JAべっぷ日出本店(入賞作品、入選作品、大平山小)、別府石垣支店(境川小、南小・幼稚園、春木川小・幼稚園、緑丘小・幼稚園)、亀川駅前支店(亀川小)で行われている。
 今日新聞社社長賞の横山さんは「お母さんの優しいところが出るように描きました。社長賞がもらえると分かったとき、驚いた。実際に手にすることができて嬉しい」と笑いながら答えた。

2018年5月24日 (木)

市が建設リサイクル法パトロール

 別府市は「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)に基づくパトロールを、23日午後1時15分から実施した。市、大分労働基準監督署、大分県東部保健所の職員など4人が参加。同法の周知および更なる実効性の確保を図ることが目的。

0524o_2

 再生資源化によって廃棄物の減量などを行い、資源の有効な利用の確保および廃棄物の適正な処理を図るため、平成14年に制定された。施工方法に関する基準に従って資材の分別解体を行い、再資源化することが義務付けられている。
 出発式では、豊田正順建築指導参事兼住宅政策室長が「リサイクル法の更なる周知のため、各現場での指導啓発により大きい成果が出ることを期待します。事故に注意して、安全にパトロールを行ってください」とあいさつした。
 現場での点検項目は①届け出の確認②分別解体や再資源化など適正な実施状況の確認③建設業許可・解体工事登録を受けた業者による施工の確認④技術管理者の確認⑤標識の掲示の確認⑥安全対策―など。
 パトロールは市内の工事現場5カ所を対象に行った。このうち石垣東のマルショク石垣店解体工事現場では、午後1時45分からパトロールを実施。点検の結果、問題はなかった。
 終了後は各地の点検結果の集計を行った。その結果、建設業許可などの標識の未掲示が2件あり、現場で注意、指導をした。

日出町が防災パトロール実施

 日出町は、平成30年度防災パトロールを23日午後1時半、町内2カ所で行った。陸上自衛隊別府駐屯地、県東部振興局、杵築日出警察署、杵築速見消防組合などから約30人が参加した。

0524t2

 はじめに町役場会議室で危険箇所について現状を報告。日出町の危険予想箇所は、急傾斜地崩壊危険箇所23カ所、土石流危険渓流4カ所、地すべり危険箇所1カ所、老朽ため池3カ所がある。その中から、今回は危険度Aの尾久保川と危険度Bの大神港の急傾斜地を回った。
 本田博文町長が「中津で発生した山崩れを教訓に、住民が日頃から山や川の変化に関心を持ち、意識を高めてもらうことが大切。今後とも防災に努めていきたい」とあいさつ。本田町長も一緒に現場を視察。
 尾久保川は、大雨が土砂等を押し流し、住家や病院、介護施設などへの被害が想定される。参加者は現場の様子を写真に撮るなどして、熱心に見て回った。大神港は、大雨等によって崖崩れが発生することによる住家への被害が想定されている。
 パトロール終了後、危険度などについて検討会が行われた。

ステファニー・アルゲリッチ 27日に鉄輪で写真展を開催

 ステファニー・アルゲリッチさんの写真展「プロムナード・フォトグラフィークin別府」が27日午前10時から午後6時、鉄輪温泉街で開催する。

05242_3

 オープニングセレモニーを23日午後8時、しいきアルゲリッチハウスで開催した。
 初めに、ステファニーさんのリクエストでウクレレとギターで構成されたハワイアンバンド「KUMIKO&Makani」が3曲演奏し、会場を盛り上げた。
 続いて、ステファニーさんが写真展について述べた。
 「写真展を行うことができ、感謝の気持ちでいっぱい。音楽と写真などいろんな芸術が混ざったとき、それぞれが影響し合う。例えばハワイアンを聴いた後では、同じ写真でも感じ方が変わると思う。カメラではなく、スマートフォンで遊び感覚で撮った作品もある。日常の中でも、アートが見えてくる」と述べた。

05242_4

 別府について「町中で湯けむりが上がっているところを見ると、幻想的で現実の世界かと思わせる魅力がある。さらに、そこで暮らす人々のあり方にひきつけられる。別府の人は、困っている人がいたら手助けをしてくれる。世界で失われているボランティア精神が多いと感じた。この人たちとの関わり合いが、自分にとっての宝物」と話した。
 鉄輪温泉街の「カフェ・アルテノイエ」や「ここちカフェむすびの」に、作品30点を展示する。
 当日は地獄蒸し工房・鉄輪に午後1時、集合し、ステファニーさんとハワイアンバンド「KUMIKO&Makani」と一緒に鉄輪散策しながら写真展を巡るという。

「ダイヤモンド・プリンセス」寄港

 客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906㌧、全長290㍍、幅37・5㍍、英国船籍)が23日午前7時半、別府国際観光港第4埠頭に寄港した。別府市民などを対象に、複数班に分かれて船内見学会が行われた。

05242

 手荷物検査、金属探知機を通過後、クルーズ運営会社「カーニバル・ジャパン」のショアオペレーションポートチーム係長の宮弥代さんの案内で船内を見て回った。
 初めに、3階分の吹き抜けを説明した。続いて、食堂、カジノ、スパなどを見た。
 プールには大型スクリーンがあり、音楽や映画を見ながら泳ぐことができる。劇場は750人が収容でき、マジックショーなどが1日2公演行われる。また、船内で行われるウクレレ教室などの発表会やカラオケ大会の決勝などでも使われるという。
 ビュッフェスタイルのレストランやフィットネスセンターなども見学し、参加者は多くの場所でスマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラなどで撮影した。

05242_2

 大分市から参加した夫婦の竹田貴登さん、由美子さんは「船内は、とても面白く、1時間半があっという間だった。夢の中で旅ができると感じた。1つの街がありデッキに出たとき、ここが船なんだと再認識するほど、多くの施設があった」と話した。
 ダイヤモンド・プリンセスは、神戸を出港し、高知、広島を経て、別府へ。同日午後4時に鹿児島に向けて出港。その後、釜山を経由し神戸に帰港する。
 別府には、日本、米国、オーストラリアなど36カ国の乗客2792人が訪れた。オフィシャル観光コースとして、バス28台で海・血の池・龍巻・かまどなどの各地獄、鉄輪温泉、羅漢寺、高崎山自然公園などを巡った。

2018年5月23日 (水)

別府市が「ステップブック」作成

 別府市は、障がいのある人を支援する時に情報を共有して適切な支援が受けられるようにする通訳ブック、通称「ステップブック」(A5サイズ、36㌻)を作成した。

0523t2_3

 「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」の中の親亡き後等の問題解決に向けた取り組みの一環。障がいのある人には、それぞれ特有の「こだわり」があることが多いため、支援者間で現状を知るためのもの。出生から成人期まで、すべてのライフステージに対応でき、コンパクトで持ち運びに便利。
 ステップブックには、名前や住所、病名・障がい名、連絡先、関わりのある医療機関、相談支援事業所、声のかけ方、行動特性、してほしくないこと等を書くようになっている。また、生まれた時の様子、成長の過程、健診、経歴、好きな場面や場所、もの、長所。逆に苦手なこと、短所などを成長に応じて細かく書き込めるようになっている。
 最後のページで、編集を担当した別府市障害者自立支援協議会子ども支援部会は「このステップブックを活用して、様々な場面で活躍できることを期待している」との思いを綴っている。
 ステップブックは、市役所1階の障害福祉課か市内の指定特定相談支援事業所で配布している他、別府市の公式ホームページからもダウンロードすることが出来る。

「豊の船・別府の会」第32回総会

 女性の地位向上をめざし地域に根ざした活動をしている「豊の船・別府の会」(田口のぶ代会長代行)の第32回総会が23日午前10時、市中央公民館講座室で開催され、41人が出席、11人が委任状を提出した。

05232

 初めに、出席者全員で昨年亡くなった島節子会長に黙とうを捧げた。
 田口会長代行が「島会長が亡くなって半年以上が経ちました。皆さんの協力があり、ここまでやってこれました。今年度も、楽しく有意義な会にしていきたいと思います」とあいさつ。
 宮崎みき子事務局長が、山内弘美市自治振興課長兼共同推進室長、久垣美千代市自治振興課参事兼男女共同参画推進室長のメッセージを代読した。
 河野静子さんを議長に議事に入り、昨年度の活動、決算、監査が報告された。
 今年度の行事計画として、会報第51、52号の発行、秋の学習会、オークションなど18主催行事、全市一斉海浜清掃や高齢社会を良くする全国大会など7協力行事、予算が承認された。
 役員改選(任期2年)があり、草牧孝子副会長、宮崎事務局長、村田広子事務局員、牧カズ会計、伊藤公代広報部長、大野智恵子広報部員、監査の狩生勝子さん、河野倶子さんらが再任。会長代行を務めた田口さんが会長、副会長に宮崎さん(会長代行)、中野康恵さん、野田順子さん、広報部員に藤原昌子さんをそれぞれ新任した。
 総会後、大分県金融広報委員会金融広報アドバイザーの大木治郎さんが「まだ遠くはない、これからの生活設計」をテーマに記念講演した。

中学統合の開校準備協議会

 別府市教育委員会は、浜脇中学校と山の手中学校の統合校(平成33年4月開校予定)の開校準備協議会の4回目を22日午後3時半、市役所で開いた。

0523t2

 寺岡悌二教育長が「地域の融和の視点から、いろんな思いがあると思うがキタンのないご意見をいただきたい」とあいさつ。協議は非公開で行われた。
 今回は、校名候補の絞り込みなどを行った。市教委では、校名を広く一般公募し、子どもから大人まで258人から104案の応募があった。委員は良いと思える3案について投票を行い、南部、西部、山の手、西、緑青(りょくせい)、青峰(せいほう、あおみね)の6案にまで絞り込んだ。
 30日に行われる定例教育委員会に提案し、これを基に正式に校名を決定することになるが、将来にわたり使われる名前となるため、慎重な審議を行うというスタンスから、時間をかけて決めていくことになりそうだ。

山の手・浜脇統合中学校概要発表

 平成33年4月開校予定の山の手・浜脇統合中学校(仮称)の概要について、長野恭紘別府市長が23日午前11時から行った定例会見の中で発表した。統合校は、旧西小学校・幼稚園の跡地に建設される。

0523t2_2

 基本コンセプトは「思いやりを育み、地域とともに歩む学校=みんなが行きたい みんなで育む みんなの学教=」とし、①人にやさしい「生きる力」を育む学校②学校と地域社会をつなぐ「別府らしさ」のある学校③環境に配慮した学校ーの3つを基本テーマにした。
 各階に学年ごとのまとまりを確保した普通教室、生徒同士や生徒と教員の交流の場となる広い廊下のロッカースペース、情報活用能力を育成するため図書館とコンピュータ室を組み合わせたメディアセンター、総合型地域スポーツクラブなどの活動の場としても利用できる多目的ホールなどを設ける。
 外観は一部レンガ調で、南部児童館や公会堂のデザインを継承。体育館エリアには備蓄倉庫を作り、地域の人が利用できるコミュニティールームも。また、プールを3階に設けることで、大規模災害時に避難所として使用した際、体育館のトイレや新たに設置するマンホールトイレに水を供給できるようにする。
 今年度は旧校舎などの解体と周辺道路の拡張工事などの実施設計を行い、来年度から2年間をかけて建設工事を行う予定。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気