本紙購読

特集ページ

« グルメの悩み… | メイン | 市長が「1日民生委員児童委員」 »

2018年5月15日 (火)

全県交通非常事態宣言を発令

 大分県警本部は14日、警察本部長名で全県交通非常事態宣言を発令した。20日まで。
 県内で、7日から一週間で交通死亡事故が4件発生している。
 4件の事故は▽7日午後1時過ぎ、日田市中津江村栃野の国道で、軽四貨物車と中型貨物車が正面衝突。軽四貨物車を運転していた高齢男性が死亡。▽11日午前9時45分ごろ、玖珠町大字日出生の県道で自衛隊のトラックがカーブを曲がり切れず路外へ逸脱して道路沿いを走る川へ転落・横転する事故が発生。トラックを運転していた男性(45)が死亡。▽12日正午ごろ、大分市志生木の国道197号線で、軽四乗用車と普通車が正面衝突する事故が起きた。軽四を運転していた男性(87)が死亡。▽13日午後10時25分ごろ、佐伯市弥生井崎の国道10号で軽四乗用車が歩行中の女性(60)をはねる事故が発生。女性は死亡した。
 ドライバーには▽スピードを出し過ぎない▽前方や左右の安全確認を確実に行う▽意識して前方注視を徹底する▽横断歩道は歩行者優先―などに注意して安全運転に努めるよう呼びかけている。
 また、歩行者は▽横断歩道を渡る▽夕方・夜間は反射材を着用―などの徹底を呼びかけている。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気