本紙購読

特集ページ

« 別府市生活安全推進協議会を再開 | メイン | 北部地区館で中高年現代セミナー »

2018年5月16日 (水)

今永正子さんが100歳迎える

 別府市火売のグループリビング歩Ⅱに入所している今永正子さんが9日に100歳の誕生日を迎え、15日午後2時半、長野恭紘別府市長がお祝いに訪れた。

0516o100

 今永さんは大正7年、広島県生まれ。昭和24年に別府市に転入。平成24年5月に同所へ入所した。風船バレーや玉ころがしなどのレクレーションでは、「えいっ」と元気な声を出すなど楽しく取り組んでいた。趣味は新聞記事の切り抜きで、特に川柳の記事を好んで集めていたという。好物はコーヒー牛乳。長寿の秘訣は「のんびり生きること」。
 長野市長が今永さんに表彰状とお祝い金を贈呈。その後、長野市長、高橋由佳里施設長と同所を運営する株式会社「秀」の一力秀次社長と一緒にお祝いのくす玉を割った。また、担当の渡邊倫恵さんが枕とブランケット、職員一同による寄せ書きをプレゼントした。
 長野市長が100歳を記念して職員が手作りしたケーキを前に「大きなケーキにくす玉、素晴らしい誕生日。これからもお元気でいてください」と声をかけ、今永さんは「ありがとうございます」とお礼を述べた。また、一力社長と髙橋施設長も今永さんにお祝いの言葉を述べた。
 高橋施設長は「今永さんは、穏やかで品がある人。スタッフ一同が支えるので、世界最高齢を目指して元気で過ごしてほしいです」と話していた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気