本紙購読

特集ページ

« 世界温泉地サミット分科会と宣言 | メイン | 雨にも負けず… »

2018年5月28日 (月)

別府アルゲリッチ音楽祭

 第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭の「公開弦楽四重奏・マスタークラス」が27日午後2時、しいきアルゲリッチハウス・サロンであり、60人が参加した。

05282

 講師は、水戸室内管弦楽団のメンバーで上野学園大学特任教授のチェロ奏者、原田禎夫さんが務めた。
 受講生は、グレイス弦楽四重奏団の川畑美津代さん、高和雅さん(バイオリン)、永井啓子さん(ビオラ)、染谷春菜さん(チェロ)=いずれも広島交響楽団=の4人。
 グレイス弦楽四重奏団が「弦楽四重奏曲第11番ヘ短調『セリオーソ』op・95」(ベートーベン)を演奏し、その後、原田さんが音の強弱、感情の込め方、その際の演奏方法などを1時間以上にわたり熱のこもった指導をした。
 空調の効いたサロン内だったが、原田さんは徐々に汗をかき始め、上着を脱いで真剣に細部にわたり指導していた。その熱を受け取った楽団員もより一層熱のこもった演奏をした。
 若草町在住の主婦、菅博子さんは「4人の演奏は十分にすごかったが、原田先生の講義の前と後では違っていた。クラシック音楽に詳しくない私が聞いても、すごく良くなっていることが分かった」と話した。
 また、アルゲリッチ芸術振興財団は室内楽コンサート(30日午後7時、ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール)のチケットの販売を行っている。GS席(1万5千円)、S席(1万3千円)、A席(1万円)、B席(6千円)。
 チケットの問い合わせは、同財団(電話272299)まで。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気