本紙購読

特集ページ

« わくわくキッチンがオープン | メイン | 杵築市GWイベント賑わう »

2018年5月 7日 (月)

第5回べっぷGWカーニバルを開催

 べっぷゴールデンウィーク(GW)カーニバル(尾林大生実行委員長)が4、5日、北浜公園であり、多くの人でにぎわった。

05072_2

 カーニバルはGW中、子どもたちに思い切り遊んでもらうことが目的。
 4日のオープニングセレモニーでは、尾林実行委員長が「べっぷGWカーニバルも、今回で5回目を迎えました。参加型のイベントがあるので、楽しんで下さい。これからの10年先を見据えて、大きな祭りにしていきたいと思います」とあいさつした。
 続いて、別府浜脇子ども太鼓が「浜脇八幡太鼓」「繁盛太鼓」を力強く演奏し、保護者や来場者から大きな拍手が贈られた。
 2人1組で行う桶レース(大人の部)に20組40人が出場。ポリバケツから湯を組んだ湯桶を手を使わずに、離れたポリバケツに移動させた。身体に挟んで移動させるため、こぼれた湯で上着やズボンは徐々に濡れていった。レースが進むごとに敷かれたブルーシートが濡れ、転倒するチームも出た。
 大人の本気イス取りゲーム、MCの大野タカシさんが企画した「だるまさんが転んだ」、別府冷麺早食い競争、ヒットパレーダーズの演奏があり会場は盛り上がった。
 また、子どもブースでは、別府大学短期大学部初等教育科の劇団スマイリーが子どもと一緒に紙コップ人形を作製した。ゲームコーナーでは、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームギア、WiiUなど懐かしいものから新しいものまであり、子どもだけでなく大人も熱中していた。
 5日は、食育戦隊タベルンジャーショーやみんなで踊ろうバブリーダンスなどで盛り上がった。
 両日とも、たこ焼き・かき氷・肉巻きおにぎりなどを18店舗が並び、多くの人の胃袋を満たした。

駅前すとりーとまーけっと

 ストリートマーケット実行委員会(江藤二郎実行委員長)は「べっぷ駅前すとりーとまーけっと」を4、5日午前11時から午後5時、別府駅前通りで開催した。

05072_3

 両日とも、別府市宣伝部長「べっぴょん」などの消しゴムはんこ、実際に体験できる七宝焼き、癒しのハンドトリートメント・ボディケア、鯉のぼりロール・ワッフルロール・カクテルなどの飲食品、ネックレス・ピアス・ブレスレットなどのアクセサリーなどが並び、多くの来場者がお気に入りの一品を探して歩いていた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気