本紙購読

特集ページ

« 第5回べっぷGWカーニバルを開催 | メイン | 使命は「つなぐ」こと »

2018年5月 7日 (月)

杵築市GWイベント賑わう

 杵築市内で、ゴールデンウィークの3~6日の間、多くのイベントが開催され、観光客らで賑わった。

0507ta2_2

 3日は、「2018ツールド・ド・国東第37回大会国東半島一周センチュリーラン」を杵築市文化体育館をスタート・ゴールで実施。距離の違う4つのコースを走り抜け、景色を楽しんだ。
 3、4日は杵築市役所山香庁舎前広場で「第36回杵築市やまが温泉エビネ祭り」を開催。エビネの展示・販売・管理教室を行った他、山香町出身のあべ由紀子さんによるミニライブ、子どもたちの神楽、カラオケ大会などで盛り上がった。また、4日には「第21回日本一エビネマラソン大会」も行い、午前9時50分のウォークの部を皮切りに、次々とスタート。コースは、マラソンの部(2㌔、3㌔、5㌔、10㌔、ハーフ)、ウォークの部(6㌔健康ウォーク、3㌔温泉ウォーク)があり、風が強かったものの、ヒヨコや人気キャラクターに扮装した人などもいて、観客に手を振りながら元気に走った。

0507tb2_2

 5、6日は「第31回きつきお城まつり」が開催された。今年は、内容を一部変え、江戸行列や花魁道中を止め、地元の衆楽観による「きつき幻想(ゆめ)行列」と「大衆演劇舞踊ショー」を実施。「きつき幻想行列」は、お殿様とお姫様の祝言(結婚式)を城下町のみんなでお祝いする賑やかな行列で、大衆演劇の衣装をつけた市民らが歩いた。また、ゲスト審査員に元SKE48でタレント、シンガーソングライターの佐藤実絵子さん招いて「きものコンテスト」もあり、多くの人が訪れた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気