本紙購読

特集ページ

« 別大附属幼稚園児が味噌を作る | メイン | 南部、北部、西部の児童館まつり »

2018年5月30日 (水)

別府警察署長が3人に感謝状

 別府警察署(木村浩和署長)は70歳代の行方不明高齢者の発見と保護をした3人に30日午前9時半、感謝状を贈った。

05303

 感謝状を受け取ったのは、いずれも上田の湯町、無職の今村ナツ子さん(83)、早坂千津枝さん(81)、筒井順子さん(68)の3人。
 木村署長は「今回は交番に届け出があり、署員で探していたところで、皆さんから連絡があり、無事に保護することができました。これは、皆さんが地域の安全と安心を見守る優しい心と行動の賜物だと思います」と感謝の言葉を述べた。
 今村さんが市内の路上で高齢の女性から話しかけられた。行きたい場所が変わったり、どこから来たなどの言動に違和感があったため、待ち合わせをしていた友人の早坂さんと合流。このまま一人にしておけないことから、知人の筒井さんに連絡した。筒井さんは別府警察署に通報するとともに、今村さんらと合流して、警察官の到着を待った。
 警察官が到着して、高齢女性は行方不明届けが出ており、捜索中だったことが判明した。
 今村さんは「当たり前のことをしただけ。またこのような事案に遭遇したら、声かけをして少しでも早く家族の元に返してあげたい」。
 早坂さんは「女性は周囲をキョロキョロと見ており、道に迷っている印象をうけた。男性だったら話ができなかったかもしれない。無事に帰ることができて良かった」。
 筒井さんは「当たり前のことをして、感謝状をいただき身に余る光栄です。自分もいつ高齢女性のような立場になるか分からない。困っている人には手を差し伸べたい」とそれぞれ話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気