本紙購読

特集ページ

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

旧西小学校で破壊救助訓練

 別府市消防本部は大規模災害発生に備えた旧別府市立西小学校を使った破壊救助訓練を29日、同小で実施し、第2中隊15人が参加した。

06303

 大規模広域災害における倒壊建物などを想定した破壊救助での救出・救助の知識及び技術の取得をめざすことが目的。また、長時間継続した効率的な救出活動を行うための隊員管理もする。
 後藤英明第2中隊課長補佐兼指揮調査隊長の指揮の下、3階の教室で隣接する教室が倒壊し、壁を破壊して要救助者を救出すると想定し、訓練開始。
 壁に取り付けられた木製のロッカーを、チェーンソー、ハンマーなどを使って破壊して除去した。続いて、要救助者がいる場所の壁に対して、鉄筋コンクリートがどのように配置されているか調査し、開口部を開ける場所を決定した。ドリルで穴を貫通させた後、スコープを入れて近くに要救助者がいないか確認した。
 穴の近くに要救助者がいないことが判明したため、エンジンカッターなどを使い、コンクリートを砕いて壁を破壊し貫通させた。
 同中隊は同日午後、第1中隊は30日午前、午後にも同様の訓練を行った。また、25日から28日まで、火災を想定した訓練を行った。
 永路尚道第2中隊中隊長は「今回の訓練に至った経緯は、全国的にも解体施設を活用し、各種災害に基づいた訓練を実施されているところから、別府市においても、ここ数年、同様の解体施設を活用し、各種災害対応のレベルアップにつなげています。特に今回の訓練日程後半では、昨年の旧市立別府商業高校解体に伴う訓練と同様、昨今の大規模な地震災害を想定し、瓦礫の下などでの救助活動に取り組みました。また、別府市での災害のみならず他市や他県へ派遣された際においても、派遣先でいかなる各種災害現場に対応できることを考えています。市民や観光客に対して、安心と安全を提供できるよう日々、訓練に励んでいます」と述べた。

別府市観光協会の定時総会

 別府市観光協会(梅野朋子会長)は平成30年度定時総会を29日午後4時、ホテル白菊で開催し、71人が出席、124人が委任状を提出した。

06302

 梅野会長が「今年は第33回国民文化祭と第18回全国障害者芸術文化祭、来年はラグビーワールドカップが開催され、日本のみならず世界から多くのお客さまが別府に訪れます。別府市観光協会は、乗り遅れることなく、会員、地域住民、行政と一体となり、さらに発展させ、継続的にも伸びていきたいと思います」とあいさつ。来賓を代表して山本修司県企画振興部観光・地域局長が祝辞を述べた。
 梅野会長を議長に議事に入り、平成29年度の事業報告、決算、監査を報告し、承認された。
 平成29年度は当初の事業計画による事業実施に加え、7月に発生した九州北部豪雨災害の風評被害による復旧対策として、8月18~20日にかけて広島、宮崎へ協会独自で宣伝隊を組み、元気な別府市をPRした。従来、協会の観光宣伝は行政当局などと共同で行うことが多く、実施までに多くの期間・時間を要していたが、今回のように協会独自で取り組むことで、より迅速な宣伝活動ができた。
 また、別府市から受託したアクティブシニア層をターゲットとした健康増進ツアー「湯治体験ツアー」、ANAから受託した「ONSENガストロノミーウォーキングin別府」など、新たな業務も実施した。
 今後も、「いち早く行動する」「新たなことに積極的にチャレンジする」観光協会をめざすことで、より一層の別府観光振興に寄与していく旨を申し合わせた。
 このあと、任期満了に伴う理事改選(任期2年)があり、理事46人が決定後、臨時理事会を開催。会長は梅野朋子さんが退任し、梅野雅子さん(58)=大分観光はと交通代表取締役社長=が新任し、総会は終了した。
 梅野朋子前会長(84)は「理事になり、副会長を20年間、会長を10年間務めさせていただきました。行き届かないところもありましたが、つつがなく役目を果たせたことは、会員をはじめとした多くの関係者のおかげと思います。30年目の節目を迎え、来年から多くの行事がありますので、若い人に跡を継いでもらいたいと考えていました」とあいさつをした。

梅野雅子新会長のあいさつ

06302_5

 29日の定時総会で、梅野雅子さんが新会長に就任した。
 梅野新会長は「理事会の推薦をいただき、観光協会会長と言う大きな役に就任しました。観光協会は60年以上前から発足しており、長い歴史のある協会で、国際温泉観光文化都市の別府にとって、観光業は中心となる業種です。来年のラグビーワールドカップ、再来年の東京五輪と一大イベントを控えたこの時期に、大役を引き受けるには本当に悩みました。この大きな役に押しつぶされそうになるかもしれませんので、理事の皆さん、会員の皆さんの大きなご支援と温かいご支援をいただければ、私でもやっていけると決心しました」。
 「天の時、地の利、人の輪という言葉があります。人の輪は、何にも増して大事なものと思っています。皆さんからご意見をいただき、それを素直に聞き、皆さんとともに観光協会を前に進めていきたいと思います」とあいさつした。

水嶋智観光庁次長が講演

06302_6

 別府市観光協会総会終了後、観光庁の水嶋智次長の講演「観光先進国の実現に向けた課題と今後の取り組み」をテーマに行った。市観光協会役員、会員ら約70人が聴講した。
 観光立国の意義として、▽成長戦略の柱として、急速な成長を遂げるアジアをはじめとする世界の国際観光需要を取り込むことで、日本の力強い経済を取り戻す▽地域の発展の鍵として、人口減少・少子高齢化が進む中、国内外からの交流人口の拡大や旅行消費によって地域の活力を維持し、社会を発展させる―などを挙げた。
 「今後は、人口減少が進み、2052年には1億人程度になる。65年には、総人口の約38%が65歳以上(高齢者)になる。それにより、生産年齢人口は同年には、今の6割近くまで減少する見通し」と述べた。
 日本経済における存在感が高まりつつある観光、明日の日本を支える観光ビジョン構想会議、観光ビジョン実現プログラム2018などについて説明した。
 最後に、大分県の観光地域振興について「大分県の日本人延べ宿泊者数は全国26位だが、外国人延べ宿泊者数は全国13位となっている。日本人はほぼ横ばいだが、外国人は高い伸びを見せている現状がある。特に、韓国のしめる割合が15年から過半数を超えている。韓国人は日本滞在中、温泉を楽しむ傾向があり、リピーターになってからも変わらない」と述べた。

2018年6月29日 (金)

豊の国千年ロマン観光圏が総会

 一般社団法人豊の国千年ロマン観光圏(会長・田北浩司別府市観光戦略部長)は、平成30年度総会を27日午後2時から、別府市役所で行った。

0629t2

 豊の国千年ロマン観光圏は、別府市、中津市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、国東市、日出町、姫島村の県北部エリア8市町村で構成されている。
 田北会長が「法人として2年目を迎えました。地域連携でDMOに認定され、強く深い絆で総力をあげて取り組んでいる。外国人観光客もまだまだ伸びてくると思っているので、受け入れ態勢を強化していかないといけない」とあいさつ。来賓の山下賢舟九州運輸局観光部観光地域振興課長が祝辞を述べた。
 議事に入り、平成29年度事業・決算・監査報告、30年度事業計画案・予算案について審議、承認した。29年度は、外国人観光客への対応として、フランスや英国、ドイツ、イタリアなど10カ国の26社と商談を行い、モデルコースや体験プログラム等を紹介する営業ツールの制作、撮影協力などを行った。国内への対応としては、首都圏や福岡などで現地セールス、プロモーション、パンフレット作製、公式ホームページの管理・運営を行った。
 また、夏季と冬季に全国の観光圏と統一の項目で来訪者満足度調査を実施。大変満足と答えた満足度は21%、旅行消費額1人当たり2万9667円、リピーター率57・9%、1年以内の再来訪意向19・7%で目標値まであと少しとなっているが、満足度は平成28年実績は25・6%で下がっている。ガイド研修の他にも通訳ガイド研修も実施した。
 30年度は、▽観光圏事業=事業計画策定・マーケティングとして全国13観光圏で連携した事業の実施、外国人観光客へのマーケティングリサーチ。滞在コンテンツ造成事業として千年ロマン時空博、行幸会の道千年ロマンウォーク、千年ロマン周遊ラリー、広域ガイド育成事業。広域周遊観光促進のための受入環境整備、情報発信・プロモーション▽市町村連携事業=サイクルツーリズム事業、外国人観光客誘客促進事業、欧・オセアニアプロモーション事業、六郷満山を核とした英語圏向けウェブページ構築事業▽受託事業=フェリーでつなぐ国東半島誘客促進事業▽収益事業=旅行業を活用した事業を展開する。

「市民と議会との対話集会」開催

 消防団員と対象とした「市民と議会との対話集会(議会出前講座)」が29日午前10時45分、市消防本部4階大会議室で開催され、市消防団の各分団長25人と市議会総務企画消防委員会の9人が参加した。

06292_3

 開会に先立ち、首藤正委員長、藤内英伸市消防団長があいさつし、阿部真一副委員長が昨年、同委員会で下関市消防局に視察に行ったときの「消防団の先進地視察の考察」を発表した。また、関正勝副団長が消防団活動の現状を説明した。
 5グループに分かれた分団長と市議は、「消防団の活性化」をテーマに意見交換を行った。
 分団長からは「手当についてどうにかできないか」と要望された議員は「予算額が決まっているので、いますぐに上げることはできない。寄付をしてもらうのも一つの方法」と答えた。分団長からは「1時間単位で拠出してほしい」と要望があった。
 意見交換終了後、各グループの代表がそれぞれのグループで出た意見を発表した。
 すべてのグループで共通していたのは、新入団員の確保についてだった。「ホテルや旅館の従業員を、団員に出してもらうのはどうだろうか。その際、団員になってくれた従業員が働くホテルや旅館には何かしらのメリットがないといけない。また、1自治会に2人ずつ団員を出してもらい、そのときは市がメリットを与えてはどうか」との意見が出た。
 また、昼間の火災発生時の対応について「団員が自営業ではなく会社員が多いため、昼間の火災発生時には団員が集まらない。今後は、OBも参加できるようにしてはどうか」との意見が出た。

日出町観光協会が30年度総会

 日出町観光協会(会長・本田博文町長、会員163)は、平成30年度総会を28日午後3時、日出町役場で行った。

0629t2_2

 本田町長が「県内では10月に国民文化祭、来年10月にはラグビーW杯が行われる。広域観光でも市町村の枠を越えた誘客に取り組んでいます。日出町らしい魅力づくりが必要。見る観光から体験する観光への変遷により、情報発信も重要。日出ならではの観光づくりに取り組んでいきたい」とあいさつ。
 来賓の森昭人町議会議長、鈴木邦彦大分県東部振興局地域振興部長が祝辞を述べた。
 議事に入り平成29年度事業・決算・監査報告、30年度事業計画案・予算案について審議、承認した。29年度は、地域住民との連携による滞在(交流)型プランのテストマーケティングとして、「ひじはく」の2回目を実施。上質な地域コンテンツを発掘すると同時に、移住促進事業との連携を深めた。観光交流拠点である二の丸舘や深見記念館の利用者と交流人口が増え、城址エリアの賑わい創出にも尽力した。
 30年度は、日出町ならではのローカルな魅力の発信や身の丈に合ったスケール感を意識し、来訪者と地域住民のふれあいを大切にしながら近隣市町村の観光協会との連携を強化する。これにより、日出町の知名度を高めながら、上質な観光ブランドイメージの定着を図る。
 具体的には▽観光地域活性化事業=地域資源の発掘と商品化事業、情報発信・販売ルート開拓事業、広域連携観光推進事業、観光サイン整備事業、特産品・食開発事業、大分県・ツーリズムおおいた連携事業、イベントの企画・実施・協賛▽情報発信・プランディング事業=コーディネート事業、情報発信事業▽観光客誘客促進事業=都市圏観光客誘致、海外観光客誘致▽日出町からの委託事業=二の丸舘及び深見記念館、城内邸の運営管理、城山登山道整備、団体湯地助成事業▽日出町との連携事業▽各種連携事業ーなどを実施する。

別府商工会議所の通常議員総会

 別府商工会議所(西謙二会頭)の通常議員総会が28日午後4時、ホテルサンバリーアネックスで開催され、32人が出席、28人が委任状を提出した。

06292

 西会頭が「ラグビーワールドカップのある来年に向けて、別府には世界中からマスメディアを含めて多くの人が来ると思う。来年に向けて、別府は素晴らしく活気のある町になると思う。議員の皆さんも、来年のラグビーワールドカップに対して全面的な協力をお願いする」とあいさつ。
 会頭を議長に議事に入り、昨年度の事業報告、一般会計収支決算、商工業者法定台帳の作成管理及び運用に直接必要な経費の収支決算、運営資金積立金特別会計収支決算、中小企業相談所特別会計収支決算、ジョブカフェおおいた別府サテライト事業収支決算など15議案が承認された。
 総括的概要として、別府市は昨年7月の九州北部での集中豪雨、9月の県南部の台風などの影響は限定的であったが、県商連を通じて、被災地域の商工会議所に対して、復興の支援として経営指導員の災害地派遣を行った。このような背景の下、別府商工会議所は「観光産業の街づくり」「個店や商店街の支援強化」「組織の活性化と外部有識者などの活用」の事業三本柱に据えて鋭意事業を展開した。
 ▽観光産業の街づくり=県・市当局と連携し進めていたラグビーワールドカップに対する取組として、大分会場でニュージーランドやオーストラリアといった世界ランキング最上位国のゲームが予選プール3試合、決勝ラウンド2試合の計5試合が大分で開催されることが決定した。さらに、県商連と共催し、観光協会、旅館組合、各観光関連事業所などとの協力協働による取り組みとして、別府観光PRをヤフオクドームにて実施するなど国内外の観光客誘致事業を積極的に行った。

06292_2

 ▽個店の支援と商店街の支援=経営指導員の巡回を強化し、平成28年度対比100・7%増となる3541件の巡回を行った。また、商店街との意見交換会を実施。商店街の抱える問題点の共有とその解決策などの議論が行われた。
 ▽組織の活性化と外部有識者などの活用=本所各部会と委員会により、各種団体との意見交換会を実施。今後の連携を確認した。また、別府市特別職、部長級幹部などと本所議員との意見交換・懇談会や、広瀬勝貞県知事と若手経営者との意見交換会を支援するなど、多方面に対し連携深化を図る取り組みを実施した。
 続いて、総務委員会事業ならびに議員運営費特別会計収支決算など3項目が報告された。

2018年6月28日 (木)

国民文化祭100日前で別府市PR

 別府市は、第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の100日前イベントを28日午前11時からトキハ別府店とゆめタウン別府店で実施した。

0628t2_2

 別府市宣伝部長「べっぴょん」がゆめタウンで別府市でのイベントやパンフレットなどを配って、PRした。買い物客らに「国民文化祭が行われます。是非、参加してください」と呼びかけた。チラシなどは全部で250部配布。
 また、別府市開催イベントの特別ゲストも発表された。10月12~14日に市公会堂で開催される「国民文化の象徴『将棋』の祭典」では、テレビなどで大活躍し「ひふみん」の愛称で人気の加藤一二三九段が13日に登場。11月23日にビーコンプラザで開催される「湯にば~さるファッションinべっぷ」には、優しい歌声と旋律の2人組アルケミストが出演する。
 さらに、「おおいた大茶会」の100日前イベントも7月1、8、16日に予定されている。1日は正午から、iichiko総合文化センターアトリウムプラザで「第2回アトりうむ遊園地~ARTS(音楽と美術)がうみだすキッズパーク。8日は午後1時15分から、トークイベントを行い、別府で展示を行う世界的なアーティストとして知られるアニッシュ・カプーア氏のビデオメッセージも上映される。16日は午後1時半と3時15分から、ビーコンプラザで「劇場って楽しい~観賞ワークショップ」が予定されている。

溝部学園高校で着こなしセミナー

 別府溝部学園高校(佐藤清信校長、598人)は「着こなしセミナー」を、27日午後1時10分から行った。今回で5回目。

0628o

 制服の正しい着こなし方の知識を学習して意識を定着させることで、自己プロデュース力を養うことが目的。
 大分菅公学生服株式会社の営業担当の神澤拓也さんが、「制服について」「人の見た目と第一印象について」「外見力の養成について」の3点を中心に詳しく話した。
 90度回転させると海賊の顔になる少女の横顔の絵などを例にとり、人間の物の見方は固定的で、一度定着したイメージは離れにくいことを説明。「第一印象を決定付ける要素は、55%が見た目、38%が声や話し方、7%が話の内容と言われており、それはわずか6秒で決まります。あなた1人の行動が、みんなのイメージに繋がります。TPOを意識し、1人ひとりが自覚を持って行動しましょう」と呼びかけた。また、「計画、実行、評価、改善」のPDCAサイクルについても解説し、「まず3日間続けることを目標に。できたら3週間、3カ月と延ばしていき、習慣にしていきましょう」と述べた。
 最後に、「時には辛いこと、逃げ出したくなることもあるかと思います。それでも立ち向かっていけば、明るい未来が待っています。誰1人欠けることなく卒業を迎えられるよう、頑張ってください」と生徒を激励した。
 終了後、生徒を代表して加藤桃夏生徒会長が「今日は、様々な場面に適した服装があるということを学習できました。これを機に、全校生徒で着こなしを見直していきます」とお礼を述べた。

大分みらい信用金庫が通常総代会

 大分みらい信用金庫(関啓二理事長、別府市駅前本町)は、第97期通常総代会(137人)を27日午後3時、ビーコンプラザで開催した。110人が出席。

0628t2

 関理事長が「国内経済は緩やかに回復基調で推移しています。地域経済の担い手である、中小零細企業においても、業況改善の動きが見られている。一方で、人口減少や少子高齢化、ネット販売の競争激化など経営課題に直面している現状もあると思う。第3次絆の強化3カ年計画の初年度として、変革をテーマに、盤石な経営態勢の構築、顧客満足度を高める営業態勢の確立、生産性・効率性向上による経営体質の強化、環境変化に対応した戦略的人事の推進を図る。職域サポート契約を広げ、しっかりとお手伝いしていこうと考えている」とあいさつ。
 議事に入り、第97期(平成29年度)決算などについて承認した。預金・積金の期末残高は3813億6千万円(前期末比70億5800万円増)。貸出金の期末残高は1936億4千万円(同24億3600万円増)。
 一般企業の売上高に当たる経常収益は64億8100万円で、前年比3700万円増加。業務純益は12億4300万円(同3億8200万円増)だった。
 経常利益は6億1400万円(同3700万円増)、当期純利益は5億6400万円(同1億700万円増)だった。経営の健全性を示す自己資本比率は13・95%で、前年比0・07ポイント上昇した。金融再生法上の不良債権の合計金額は108億5800万円となり、前年比3億3千万円減少し、不良債権比率は5・37%となった。
 また、子会社であるべっしん綜合サービスを含めた連結決算の経常収益は65億7800万円(4300万円増)。経常利益は6億2200万円(同4200万円増)、当期純利益は5億6900万円(同1億1千万円増)。連結自己資本比率は13・97%となり、前年度比0・06ポイント上昇した。

新理事長に森田展弘氏

0628tk1

 大分みらい信用金庫は、総代会終了後の理事会で関啓二理事長(70)の退任に伴い、新しい理事長に森田展弘常務理事(61)を選任した。理事長交代は8年ぶり。
 森田氏は大分大学経済学部卒で、昭和54年に当時の別府信用金庫に入庫。鶴崎森町支店長、南大分支店長、営業推進部長などを歴任し、平成24年から執行役員として営業部門を担当。26年から常務理事となり、本店営業部長、融資部門担当兼融資部長などを担当してきた。
 また、6月6日に行われた理事会では、時枝喜久生専務理事が副理事長に選任されている。関氏は非常勤理事・相談役となった。
 他にも、執行役員だった岩尾利弘氏(59)が常勤理事となる人事も決定した。

2018年6月27日 (水)

別府市青少年育成市民会議が総会

 別府市青少年育成市民会議の平成30年度総会が26日午後2時、市役所で行われた。

0627t2

 中島一志会長が「子どもを対象とした悲惨な事件や子どもがブロック塀の下敷きになった事故では、見守りをしていた大人も犠牲になる痛ましい事故も起きている。幸い、別府では大きな事件、事故は起きていません。皆さんの協力のおかげ」とあいさつ。来賓の寺岡悌二教育長(市長代理)、黒木愛一郎別府市議会議長、木村和浩別府警察署長らが祝辞を述べた。
 議事に入り、平成29年度事業・決算・監査報告、30年度事業計画案・予算案について審議、承認した。また、緑丘校区と大平山校区が活動報告をした。30年度は①幸せな家庭づくりの推進②子どもの安全安心な地域づくりの推進③青少年の奉仕活動・体験活動等の支援の推進④環境浄化活動の推進ーを活動方針の力点として、各地区・校区ごとに青少年育成活動として、三世代グランドゴルフ大会やどんと焼き、クリスマス会、餅つき大会などの活動を行う。
 また▽温かいふれあいのある家庭をつくっていくため、「家庭の日」定着運動の推進を図る▽子どもの安全・安心のための地域づくりため、「愛の声かけ運動」の推進を図る▽青少年の社会的自立を促すため、各地域で「青少年のための奉仕活動・体験活動等」を積極的に行う▽青少年を取り巻く社会環境の改善のため、特に大人自身が規範意識を高めるための「青少年の日」「大人が変われば子どもも変わる」運動の推進を図るーとした総会宣言を採択した。
 さらに、役員改選が行われ、新しい会長に浜脇地区の上村松治さんが選任された。副会長は井上直利さん(石垣校区)と荒金良一さん(鶴見校区)、監事は平松徹夫さん(西地区)と山田京一さん(北地区)。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気