本紙購読

特集ページ

« 別府法人会の第38回定時総会 | メイン | 6月市議会の一般質問始まる 安部、野上両議員 »

2018年6月21日 (木)

本社主催 「父の日」似顔絵コンクール表彰式

 今日新聞社(檀上陽一社長)主催の「父の日」似顔絵コンクール表彰式が20日午後4時半、別府タワーで行われた。今年は300点の応募があり、14人が表彰された。

0621t3

 檀上社長が「お母さんはアイドル系の似顔絵が多かったが、お父さんは温かい、面白い表情になっていると感じた。ご褒美も沢山用意しているので、帰ってお父さんに自慢してほしい」とあいさつ。
 来賓の竹元徹市秘書広報課長(市長代理)は「笑っている顔やちょっと怖い顔など個性的なお父さんの絵があり、日頃から表情を見ているのだと感じた」。森大輔別府市議会副議長(議長代理)は「逞しく、威厳のある優しいお父さんの絵を拝見しました。元気があり愛にあふれた絵だと感心しました」。亀川義徳市教委学校教育課参事兼総合教育センター所長は「この表彰が何よりのプレゼントだと思う。ハガキいっぱいに描かれた表情を見ていると、お父さんが大好きなのだと伝わってくる」。堤健一別府商工会議所専務理事(会頭代理)は「ビールジョッキを持ってうれしそうな絵もあり、幸せそうな家族を感じられる。私も子どもが幼稚園の頃に描いてくれた絵を部屋に飾っています。絆をしっかり作ってほしい」。
 佐藤隆司市観光協会事務局長(会長代理)は「どの作品も、日頃からの家族の生活を感じられ、イキイキと描かれていました。これからも家族仲よくして下さい」。橋本崇大分みらい信用金庫営業推進部参事(理事長代理)は「作品は当金庫本店に飾ってあるので、見に来て下さい。普段の良い関係が分かり、微笑ましい。私も娘がしおりに描いてくれた家族の絵を大切にしています」。川波哲也陸上自衛隊第41普通科連隊庶務幹部(連隊長代理)は「明るくすがすがしい絵を見て、単身赴任なので、家に帰りたいと思いました。色々な所に行って、話をして、思い出をいっぱい作ってほしい」。津末知也大鵬レジャーグループ部長(社長代理)は「お父さんが大好きなんだなと、普段からありがとうという気持ちがあるんだなとうらやましく思いました。今日の事を思い出にして、またタワーにも来て下さい」とそれぞれ祝辞を述べた。
 子どもたちには表彰状とトロフィーや記念品が贈られ、最後は笑顔で記念撮影をした。
 作品は21日から29日まで、大分みらい信用金庫の本店ロビーに展示されている。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気