本紙購読

特集ページ

« 明豊中3人が今日新聞社職場体験 | メイン | B-bizがアンケート開始 »

2018年6月 1日 (金)

七島藺の植え付けなど

 別府大学文学部・国際経営学部・食物栄養科学部の学生と教員で結成されている「夢米棚田チーム」による「七島藺(しちとうい)植え付けとヒノヒカリ・香り米の田植え」が5月27日午前10時、杵築市山香町の大分農業文化公園で行った。学生ら約30人と、一般の参加があった。

05302_2

 今年で9年目となり、昨年度からは4学部の学生が受講する「世界農業遺産体験学習」として活動している。
 初めに、河野共喜リーダーら4人が「世界農業遺産ツアー」のガイドを務め、同チームの取り組みを発表した。その後、七島藺の植え付け作業を実施。長靴越しに伝わる泥の感触に悲鳴を上げながらも、一本ずつ丁寧に植えていった。
 午後からは、学生が別の棚田で農業機械を使って田植えを体験した。これまで機械を使って田植えをしたことがなく、初めての経験を積んだ。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気