本紙購読

特集ページ

« APU辻貴幸さんU20日本代表入り | メイン | 別府市が会見で市議会議案説明 »

2018年6月 8日 (金)

別府法人会青年部会の総会

 別府法人会青年部会(神田純也部会長)は平成30年度通常総会を7日午後6時半、ホテル&リゾート別府湾で行い、24人が出席し、25人が委任状を提出した。

06082

 神田部会長が「あらゆる先輩からアドバイスをいただきまして、租税教育をもう一度見直していこうと進めていきます。部会長としての任期はあと1年あり、来年48歳となります。青年部会の活動は50歳までなので、新規メンバーを増やして、バトンタッチできればと思っています」。
 菅健一別府法人会会長は「社会貢献活動だけでなく、租税教育にも力を入れていただいていますので、引き続きよろしくお願いします」とそれぞれあいさつした。
 神田部会長を議長に議事に入り、平成29年度の事業、収支決算、監査を報告した。今年度の事業計画の基本方針は、税務研修会、租税教育活動、社会貢献活動を通じ、より公益性の高い諸事業を実施し、法人会活動の中核的役割を担うべく、会員増強運動により組織基盤の強化を図る。
 第21回社会貢献活動「留学生との交流会」、小学生税のウルトラクイズ大会など22事業を決め、予算を計上した。
 来賓の木下佳明別府税務署署長、大同生命保険(株)の矢野貴一大分支社長代理がそれぞれあいさつした。
 総会終了後、税務研修会があり、別府税務署法人課税第一部門の牧野光洋統括国税調査官が講師を務め、「消費税軽減税率について」をテーマに行った。
 研修会終了後、懇親会があり、来賓や講師と名刺交換や情報交換を行った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気