本紙購読

特集ページ

« 「市民と議会との対話集会」開催 | メイン | 別府市観光協会の定時総会 »

2018年6月29日 (金)

豊の国千年ロマン観光圏が総会

 一般社団法人豊の国千年ロマン観光圏(会長・田北浩司別府市観光戦略部長)は、平成30年度総会を27日午後2時から、別府市役所で行った。

0629t2

 豊の国千年ロマン観光圏は、別府市、中津市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、国東市、日出町、姫島村の県北部エリア8市町村で構成されている。
 田北会長が「法人として2年目を迎えました。地域連携でDMOに認定され、強く深い絆で総力をあげて取り組んでいる。外国人観光客もまだまだ伸びてくると思っているので、受け入れ態勢を強化していかないといけない」とあいさつ。来賓の山下賢舟九州運輸局観光部観光地域振興課長が祝辞を述べた。
 議事に入り、平成29年度事業・決算・監査報告、30年度事業計画案・予算案について審議、承認した。29年度は、外国人観光客への対応として、フランスや英国、ドイツ、イタリアなど10カ国の26社と商談を行い、モデルコースや体験プログラム等を紹介する営業ツールの制作、撮影協力などを行った。国内への対応としては、首都圏や福岡などで現地セールス、プロモーション、パンフレット作製、公式ホームページの管理・運営を行った。
 また、夏季と冬季に全国の観光圏と統一の項目で来訪者満足度調査を実施。大変満足と答えた満足度は21%、旅行消費額1人当たり2万9667円、リピーター率57・9%、1年以内の再来訪意向19・7%で目標値まであと少しとなっているが、満足度は平成28年実績は25・6%で下がっている。ガイド研修の他にも通訳ガイド研修も実施した。
 30年度は、▽観光圏事業=事業計画策定・マーケティングとして全国13観光圏で連携した事業の実施、外国人観光客へのマーケティングリサーチ。滞在コンテンツ造成事業として千年ロマン時空博、行幸会の道千年ロマンウォーク、千年ロマン周遊ラリー、広域ガイド育成事業。広域周遊観光促進のための受入環境整備、情報発信・プロモーション▽市町村連携事業=サイクルツーリズム事業、外国人観光客誘客促進事業、欧・オセアニアプロモーション事業、六郷満山を核とした英語圏向けウェブページ構築事業▽受託事業=フェリーでつなぐ国東半島誘客促進事業▽収益事業=旅行業を活用した事業を展開する。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気