本紙購読

特集ページ

« 明星幼稚園で防犯教室実施 | メイン | きょうから夏の事故ゼロ運動開始 »

2018年7月10日 (火)

別府地区隊友会の平成30年度総会

 別府地区隊友会(茅野寛治会長)が平成30年度総会を8日午後5時、青山町の豊泉荘で開催し、62人が出席し、243人が委任状を提出した。

07102_2

 隊友会は自衛隊OBの組織で、市民と自衛隊の架け橋になり、市民の防衛に対する理解と認識を深めてもらい、自衛隊を支援することが目的。
 国旗に敬礼し国歌を斉唱後、物故会員13人に黙とうをささげた。隊友会本部会長賞、大分県隊友会会長賞、県隊友会永年会員感謝状が伝達、別府地区隊友会会長賞、入会10年賞の表彰があった。
 茅野会長が「今年4月は、中津市耶馬渓町で山崩れがあり6人が犠牲となりました。別府駐屯地から連隊長以下多くの隊員が災害派遣をし、24時間体制で救助活動に尽力しました。隊友会としても、激励品を渡すなどさせていただきました。別府駐屯地からお礼の手紙をいただきました。隊友会も高齢化が進んでおり、若い会員は仕事があり活動に参加できない問題もあります。そのような中、子どもの見守り活動などは実施していきますが、皆さんの負担にならないように考えていきます。今年は、九州・沖縄隊友会ブロック研修会が大分県であります。別府地区隊友会としても、会場準備などを行いますので、ご支援ご協力をお願いします」とあいさつ。

07102_3

 大隈亮副会長を議長に議事に入り、昨年度の事業、決算、監査が報告された。
 今年度の方針は、会の活性化ならびに魅力化の施策を計画・実行し、その存在意義を高め、会勢の拡充と会基盤をより一層強化なものにするとした。
 今年度は、毎月5日の青山忠魂碑の清掃、9月23日の別府忠魂碑慰霊祭の開催、11月17、18日の九州・沖縄ブロック研修会、防犯パトロール・子どもの見守り活動、現金自動預払機(ATM)からの振り込め詐欺防止警戒活動―など24事業計画を決め、予算が承認された。
 役員改選があり、副会長に糸永成二郎さんが就任した。
 総会終了後、懇親会があり、会員相互の親睦を深めた。
 被表彰者は、次のとおり。(敬称略、かっこ内は所属支部)
 ▽隊友会本部会長賞=中村務(鉄輪)
 ▽大分県隊友会会長賞=池永優(富士見)、山下哲男(扇山)、武生浩(西)、緒方伸記(南)
 ▽大分県隊友会長永年会員感謝状=木津秋吉、中村務、須川義徳、佐藤貞夫(鉄輪)、川邊勇、渡邊洋文(亀川)、神出郷吉(実相寺)、長峰末弘、阿部彰、冨田義信、安達徳昭、児玉寿一、月足光義(扇山)、絹田義實(野口)、佐藤温(西)、五嶋淳士(南)、山本秋廣(南立石)、
 ▽別府地区隊友会長賞=池嵜正人(富士見)、河内松夫、井上昭治(大平山)、向井利治、小出誠二(扇山)、太田悟(荘園)、中山雅典(野口)、衞藤敏明(南立石)
 ▽別府地区隊友会入会10年賞=岩下弘次(鉄輪)、中野俊彦、阿部文男(扇山)、阿部伸幸(石垣)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気