本紙購読

特集ページ

« B-biz「鉄輪妄想会議」開催 | メイン | 14者がビームスの審査会に参加 »

2018年7月 4日 (水)

別府RC杯オレンジボール野球大会

 第6回別府ロータリークラブ杯争奪軟式オレンジボール学童野球大会(別府市軟式野球連盟主催)が6月9、10、17日、7月1日に市営野口原ソフトボールA及びB球場で行われた。

0404t3

 オレンジボールは、小学3年生以下の子どもたちで構成するチームで試合を行う。使用するのは、軟式D号ボール、通称オレンジボール。
 試合には8チームが出場し、トーナメント方式で行われた。決勝戦は、南立石ファイターズと大平山・朝日少年野球部が対戦。1回表、大平山・朝日が1番の三浦選手が3塁打で出塁すると、続く打者は四球を選び、3番の西山選手がヒット放ち、1点先制。その後もライトゴロの間に2人が生還し、2点を追加。
 しかし、1回裏に南立石が2連続四球でランナーが出ると、5番の三浦選手のヒットで1点を返した。続く打者も四球を選び、9番の繁野選手らのヒットで5点を入れ、逆転。その後、両チームとも得点を取れず、南立石が6ー3で初優勝を飾った。
 表彰式では、別府ロータリークラブの濱田建二会長代理から優勝カップ、盾、D号ボールが贈られた。大平山・朝日にも盾とD号ボール、両チームに中島生花店から生花鉢が贈られた。また、主将としてチームを勝利に導いた黒仁田翔和選手(南立石)に最優秀選手賞、捕手としてチームの要として頑張った林田駕久選手(大平山・朝日)に敢闘賞として、別府ロータリークラブから野球用具購入補助金がプレゼントされた。優勝した南立石のメンバーは次のとおり(敬称略)。
【南立石ファイターズ】▽代表=楠正司▽監督=黒仁田享▽コーチ=安田高士、長浦正▽選手=黒仁田翔和、郷司遥哉、繁野仁志、三浦伯、黒川和希、姫嶋虎太郎、福田蒼輔、河野蒼空、安田隼都、片山煌稀、川崎佳人、佐々木遥翔、塩手琉太、是永創裕、甲斐崎聖

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気