本紙購読

特集ページ

« 由布・鶴見岳自然休養林保護管理協議会が総会 | メイン | 別府中央RC創立30周年事業 »

2018年7月13日 (金)

別府大学剣志寮改築工事の起工式

 来年1月に完成予定の別府大学剣志寮(大学男子剣道部寮)耐震改築工事の起工式が10日午前11時、建設予定地(大字北石垣)内で、挙行され、関係者約50人が出席した。

07133

 火男火売神社の加藤兼司宮司が神事を務め、苅初(かりぞめ)の儀を二宮滋夫学校法人別府大学理事長、斉鋤(さいすき)の儀を工藤雅史・工藤雅史建築研究所代表、杭打(くいうち)の儀を梅林秀伍梅林建設(株)代表取締役と荒木恭生作業所長がそれぞれ行った。
 玉串奉奠は、二宮理事長、佐藤瑠威別府大学学長、仲嶺まりこ別府大学短期大学部学長、植田善夫学校法人別府大学理事、西元英和桜ケ丘自治会長、工藤代表、梅林代表取締役社長、荒木作業所長が行った。
 起工式終了後、施主の二宮理事長が「大学南門にある剣志寮は昭和41年に建築されて築51年が経過しました。剣道部員も多くなり、手狭になっている状況の中で、学生の安全と快適な環境の面から、建て替えとなりました。計画通りの工事を進めてもらえればと思います。施工業者の梅林建設の皆さんには、持てる技術を存分に発揮していただいて、来年1月までと長い期間ですが安全に留意し、新しい寮を完成させて下さい」、施行者の梅林代表取締役社長がそれぞれあいさつした。
 剣志寮は、寮室48室、寮監室、1階に浴室、厨房、談話室がある鉄骨造りの地上4階建て。延べ床面積968・22平方㍍。工期は今月10日から平成31年1月31日まで。

14日に創立110周年記念講演会

 学校法人別府大学創立110周年記念講演会「源泉をたどる佐藤義詮が学んだ文化学院と西村伊作」が14日午前10時40分、別府大学32号館4階400番教室で開催される。無料で誰でも参加できる。
 講師を西村氏のひ孫の立花万起子さんが務める。
 与謝野晶子や石井柏亭ら文化人が集った文化学院の紹介、若き日の佐藤氏の想いをたどり、別府大学のルーツに迫る。
 問い合わせは、別府大学広報室(電話666262)まで。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気