本紙購読

特集ページ

« 上人ケ浜海岸で磯遊び教室 | メイン | メリー「ゴーラウンド」! »

2018年7月27日 (金)

ビービズがアンケート結果公表

 一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォームB-bizLINK(理事長、阿南寿和副市長)は、欧米豪からの訪日外国人旅行者誘客強化に向けて実施したアンケート調査の集計結果を27日から、ホームページで公開した。

0727t2

 アンケート調査は6月1日から30日まで、別府外国人観光客案内所や市内のホテル、ゲストハウスなどで200人を対象に行った。来年のラグビーW杯などで欧米豪からの来日者が増加することが予想され、これまで少なかった同地域の来日旅行客を別府に呼び込むため、ニーズなどを調査するのが目的。
 アンケートは、年齢や国籍、何回目の来日かなどの基本情報、滞在中の訪問地、今後の日本での予定、別府をどうやって知ったか、どれくらい前から計画したか、予算、どんな情報がほしいか、どんな体験プログラムに参加したいかなど31項目。
 居住国で一番多かったのは、米国43人、フランスとオーストラリア各29人、ドイツ20人、英国15人、スイス10人など。年齢層は20代が68人、30代50人、40代24人と比較的若い世代が多い。パートナーと2人で来たという人が70人、1人旅69人で少人数での旅行者が多いことが分かる。ほとんど人が自分で調べて来日しており、最初の目的地で泊まったゲストハウスなどで情報を交換し、次の目的地に来るという人も多いようだ。宿泊先は、ユースホテル・ゲストハウス、ホテルが各61人。旅の総予算は20~30万円と答えた人が多かった。
 日本での滞在日数は2週間が最も多く47人、1週間35人、4週間26人、3週間25人。別府を旅行先に決めた理由は、やはり温泉が132人とダントツ。地獄めぐりなどの観光地も119人いた。別府で満足したところも温泉だが、共同温泉などの利用をしてみたいと答えた人が78人いて、地元の人と同じ体験をしたいと思っている人が多いようだ。
 「別府で体験してみたいことは」との質問では、実際にあるコンテンツだけでなく、興味があると思われるコンテンツも含めてアンケート。一番多かったのは、竹細工体験。多少高いお金を払っても、そこでしか体験できない特別なプログラムを体験してみたいと思っている人がいることが分かる。
 ビービズでは、今年度中さらに2回のアンケート調査を実施し、調査の精度を上げながら、結果を旅館・ホテル、観光業など関係者に提供し、誘客に役立ててもらうことにしている。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気