本紙購読

特集ページ

« 第2回「絵巻物プロジェクト」 | メイン | 明星幼稚園で防犯教室実施 »

2018年7月10日 (火)

別府ONSENアカデミア実行委員会

 別府ONSENアカデミア実行委員会(会長、長野恭紘別府市長)は、平成30年度総会を9日午後3時から、水道局会議室で行った。

0710t2

 長野市長は「今年5月には世界温泉地サミットが開催され、有意義な会議になったと思う。3回目のアカデミアをどう開催するか。ビジネスパーソン、アスリートに対する温泉効果のエビデンスを取りながら、別府の価値、温泉の価値を上げていきた。データを共有し、共存共栄する幅広い理想に向けて頑張りたい」とあいさつ。
 議事に入り、平成29年度の事業・決算・監査報告、30年度事業計画案・予算案について審議、承認した。第2回アカデミアは昨年11月25、26日にビーコンプラザで開催。姉妹都市の英国バース市前市長ポール・クロッスリー氏が講演をした他、3つの分科会を開いて、トップアスリートのリカバリー効果やアクティブシニア層の健康増進、障がい者スポーツについて検証し、議論を行った。また、温泉所在都市の首長らが参加して温泉会議を開き、タトゥー問題などについても意見交換をした。
 30年度は、11月10日に開催予定。3つのシンポジウムを行い、英国出身で日本在住の実業家で日本の文化財にも詳しいデービッド・アトキンソン氏の講演会も予定している。
 委員からは「データを次にどうつなげるのかが大事。長期的な展望が必要では」「アカデミアはイベントやショーではない。続けていかないといけないと思う。蒔いた種がどうなったのかが肝心」と各分科会での議論や実施した研究がどのような成果が出て、どうつなげていくかに感心が集まった。長野市長は「一貫性をもってデータを蓄積していきたい」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気