本紙購読

特集ページ

« 別府市長杯の学童軟式野球大会 | メイン | 亀の甲広場でビアガーデン »

2018年7月25日 (水)

バスクリンと旅館ホテル組合共同企画

 株式会社バスクリン(古賀和則社長、東京都)は、別府市旅館ホテル組合連合会(西田陽一会長)と共同企画した「日本の名湯 別府」オリジナル入浴剤の商品発表会を24日午前10時半、ホテル白菊で行った。

0725t2

 昨年11月、人々の健康と地域社会の発展に寄与することを目的に、別府市とバスクリンは包括連携協定を結んでおり、同時に、地域活性化に資することを目的に、新製品の開発・販売について組合と協定を結んでいる。
 これまで、バスクリンは「日本の名湯」シリーズを16発売し、別府も製品開発を試みたが、バスタブを傷める成分などが多く含まれるなどの理由で実現してこなかった。今回、別府市と協定を結んだことで温泉成分についての情報提供を受け、商品開発が出来そうな温泉を見つけたという。パッケージは立命館アジア太平洋大学の留学生や別府八湯温泉道名人会などの意見を受けて、同シリーズでは初めてイラストを用いるなどした。

0725tb2

 商品は、別府温泉の湯ざわり、成分、色、香り、情緒などを現地で徹底調査。香りは、名産のザボンがほのかに香るものにし、色は立ち上る湯けむりとレトロな温泉街をイメージした薄鈍色(うすにびいろ)に。程よく包み込まれ、つるつるとした感触を再現した。市内の旅館・ホテル40軒で販売される。1包30gで、5包入ったオリジナルシートは600円(税抜)、オリジナル分包はオープン価格。当面は別府限定で販売する。
 古賀社長が「多くの人のご助言をいただいた。全国の入浴剤を発売していますが、常にそれぞれの地域に赴き、しっかり調査し、組合ともコンタクトを取りながら真面目に一生懸命やってきた。今回のは、良いパッケージとなり、良い商品が出来たと思う」とあいさつし、長野恭紘別府市長にパネルを、西田会長に入浴剤を手渡した。
 長野市長は「別府のブランド力を向上させられるものと期待している。世界中に広め、健康増進や地域の発展につなげていければと思う。長く愛される素晴らしい商品になってほしい」。西田会長も「みんなが一緒に力を合わせていけるものが出来たと思う」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気