本紙購読

特集ページ

« 第42回扇山ふる里祭りを開催 | メイン | 市職員の「地域応援隊」が活躍 »

2018年8月20日 (月)

東荘園町で21柱の供養盆踊りも

 東荘園町自治会(塩地奎三郎会長)は19日午前10時半から、同町公民館広場で「第42回ふるさと祭り」を開催した。

08202_3

 はじめに、児童が引く山車が町内を巡行。
 午後3時から、百路会、青壮年会、婦人会、一区子ども会、二区子ども会が焼きトウモロコシ、石垣餅、ジュース、かき氷などを販売し、多くの町民が購入していた。
 ステージでは、かき氷早食い競争やラムネ早飲み競争があり、一生懸命頑張る児童に大きな声援が飛んだ。
 塩地自治会長が「天候に恵まれて、ふるさと祭りを行うことができて、嬉しく思います。祭りと供養盆踊り大会を開催しますので、皆さんで支え合って頑張っていきましょう」とあいさつ。
 続いて、ビール早飲み競争、カラオケ、青壮年会の〇×クイズで盛り上がった。
 供養祭が午後6時、公民館東側病院駐車場で開催され、21柱が供養された。
 午後6時半から、第46回供養盆踊り大会が行われ、別府音頭・温泉踊り・ヤッチキを踊った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気