本紙購読

特集ページ

« 18、19日に観海寺薬師祭 | メイン | 東荘園町で21柱の供養盆踊りも »

2018年8月20日 (月)

第42回扇山ふる里祭りを開催

 扇山自治会(浜本恒夫会長)は「第42回扇山ふる里祭り」を18、19日、市立鶴見小学校運動場で開催した。

08202_2

 初日の18日午後6時半、38柱の初盆物故者慰霊祭が行われた。
 慰霊祭後、浜本自治会長が「今年も、42回目のふる里祭りを迎えることができました。初日は太鼓と供養盆踊り、2日目も楽しい催しがありますので、けがをしないよう楽しんで下さい」。
 来賓の吉冨英三郎県議は「慰霊祭では、新仏を迎えたご遺族の皆さんは、例年にない酷暑の中、準備で忙しく、そして一抹の寂しさがあるお盆ではなかったかと、拝察いたします。祭りを通じて同じ町内に住む人を知ることは、いざという時の大きな力になり、横のつながりができます。この祭りが長く続くことが、扇山のまちづくり、人づくりにつながります」。
 穴井宏二市議は「地元の皆さんには、日ごろからお世話になっております。心から感謝申し上げます。この1年、扇山に貢献していただいた御霊にお祈りをさせていただきました。祭りでは、夜店も並んでおり、楽しんでいただければと思います」とそれぞれあいさつした。
 続いてステージでは、みやび親子太鼓による力強い太鼓の音が響いた。
 豊秀会(藤田豊久美会主)の鈴木緩香さん(11)=明星小5年=による「チャグチャグ馬子」など4曲を唄った。
 供養盆踊りでは、豊秀会が唄う別府音頭、温泉踊り、炭坑節、ヤッチキの4曲に合わせて、参加者は踊りの輪を作った。
 夜店も鶴見学童クラブがポップコーン・かき氷・ジュース・くじ、別府鶴見クラブの焼き鳥・フランクフルト・カットパインなど7団体が出店し、多くの来場者が列を作った。
 2日目の19日、午前10時から子ども神輿が町内、午後5時に鶴見小学校グラウンドを練り歩いた。続いてステージでは、太極拳朋友会(午後6時)、響ウインドアンサンブル(同6時半)、庄内子ども神楽(同7時半)、抽選会(同8時半)から行われた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気