本紙購読

特集ページ

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月29日 (水)

亀川地区で訓練に向け事前協議

 別府市と別府市連合防災協議会(塩地奎三郎会長)は、別府市避難所運営マニュアルを基に、個別のマニュアルを作成し訓練を行うための事前協議会の第1回を28日午後6時半から、市北部地区公民館で行った。自治会長や防災士ら約50人が参加。境川地区の関係者も見学した。

0829t3

 今回モデル地区になっているのは、亀川地区と境川地区。亀川地区は11月に訓練を行うため、事前の協議を始めた。突発的かつ大規模な災害が発生した場合、行政や施設管理者、地域住民からなる避難所運営委員会が自動参集し、自主的に避難所を開設・運営するために必要な知識・手順などを身につけ、個別のマニュアルを作成する。協議は全3回。
 田辺裕防災危機管理課長が「まずは気軽な気持ちではじめて、自由な意見を出してもらいたい」とあいさつ。市自治委員会亀川支部長の恒松直之野田自治会長は「災害は避けることが出来ないが、少しでも被害が少なくなるように、未然に防ぐための話し合いが出来ればと思う。キタンのない意見をお願いします」と述べた。
 亀川地区の避難所となる市立北部中学校の構造を説明。総務、被災者、情報広報、施設管理、食料・物資、救護、衛生、ボランティアの8つの班に分かれて想定される課題と対応について話し合った。「アレルギー対応も考えておかなければ」(食料班)、「パソコンはあってもネット環境がないと情報収集は難しい。市役所からの情報をどうとるのか」(情報広報班)、「避難所の共通のルールづくりをしておく必要がある」(総務班)、「沢山の人が避難してきた際、名簿を作ることは重要。最初に簡単に書いてもらい、少し落ち着いたら詳しい情報を書いてもらえばどうか」(被災者班)、「車中泊をする人の把握が必要になるのでは」(施設管理班)など、積極的に意見が出された。
 班別協議終了後、NPO法人大分県防災活動支援センターの川村正人さんがマニュアルの作成ポイントについて講演した。

2018年8月28日 (火)

「見立て細工」盛り上げよう!

 べっぷ浜脇薬師祭りの目玉の1つ、「風流見立て細工」。今年の応募数は23点。取材中、「昔の見立て細工は70を超える作品があって、もっと賑やかだった」という声も耳にした。
 見立て細工を審査した外山健一審査委員長も「次回はたくさんの出品を期待しています」と話していた。薬師祭りを盛り上げるため、見立て細工に挑戦してみませんか?(大平)

キッズスポーツ体験で陸上教室

 別府市教育委員会は、平成30年度キッズスポーツ体験教室の陸上教室を26日午前9時半から、市営野口原総合運動場で実施した。市内の小学生約80人が参加。

0828t3

 運動に親しみ、心身の健全な発達と体力の向上を図るとともに、各種目の競技力向上と底辺拡大を目指して体験教室を行っている。陸上教室には、80人の枠に141人の申し込みがあった。講師は、別府市陸上競技協会の南晋介さんら6人。
 低学年と高学年の2グループに分かれて、低学年はまず走る時の姿勢などを学ぶため、トラックを半周歩き、準備体操をしてからスキップをして足を上げて走るイメージをつかんだ。高学年は足を高く上げて内側から外側に大きく回しながら歩いたり、大股で歩くなどして下半身を柔軟にする練習などをした。
 まずは地面に一直線に立つことが重要で、走る時には①ひざを開かない②つま先、ひざはまっすぐ③顔は前を向く④肩とひざの力を抜く⑤足をたたきつけないーことが早く入るコツ。コーチからは「練習の中では苦手なこともあると思うが、それもしっかり取り組むことが大事」とアドバイス。子どもたちは真剣な表情で話を聴き、動きを意識しながら練習に取り組んでいた。

梅園温泉新築工事の起工式

 梅園温泉再建検討委員会(会長、平野芳弘梅園温泉組合長)は、市有区営の梅園温泉(元町)の新築工事に伴う起工式を、27日午前10時から梅園温泉跡地で挙行した。関係者約30人が参加。

0828o

 元町にあった市有区営の梅園温泉は、大正5年に地元の有志によって創設。地域住民に愛される共同温泉として運営していたが、平成28年の熊本大分地震で被災し、同年6月末に取り壊された。再建費には最低1400万円が必要で、公的支援を除いても自前で500万円がいる。約50人の有志が委員会を立ち上げ、再建のために「梅園温泉再建プロジェクト」を開始。計約1404万円が集まり、再建工事に向けて始動した。完成は11月26日の「風呂の日」を予定している。
 はじめに、八幡朝見神社の村松大輔神職が祝詞を奏上し、神事を行った。その後、平野会長、松本多嘉久元町自治会長、設計担当の石川孝弘DAN設計室代表、建設担当の阿部俊宣豊後建設代表取締役ら7人が玉串を捧げた。
 神事終了後、平野会長が「念願の新しい梅園温泉を、建設することになった。100年以上続いてきた、質の良い好評な温泉が地震によりなくなり、改めて重要性に気付かされた。関係者に勇気付けられ、何とかこの日を迎えることができた。別府市、市議会をはじめ、ご支援いただいた多くの方々にお礼を申し上げます。組合員の募集活動などもしていくので、今後ともよろしくお願いします」とあいさつ。石川代表、阿部代表取締役も「一生懸命頑張ります」とそれぞれ話した。
 このほか、竹瓦ママさんガイドの平野令子さんが梅園温泉を七五調で紹介したり、「3代目流しのはっちゃん」こと矢野英幸さんが「別府音頭」を演奏し、再建工事の安全を祈願した。

別府溝部学園短期大学のオープンカレッジ

 別府溝部学園短期大学のオープンカレッジ(公開講座)「思い出の着物を日傘にリメイク!講座」が19、26日午後1時、同所特別実習棟2階で開催され、市内外8人が参加した。

08283

 19日の講座開始時、同大学講師の高野弓枝さんが「毎年、洋裁講座をしてきましたが、着物をリメイクする術(すべ)を教えてほしいとの声がありましたので、今回初の試みです。楽しく作っていきましょう」とあいさつ。
 参加者は、自身が昨年まで着ていたり、子どものときに着ていた着物や、おばさんからもらった反物などに型紙を当てて裁断した。その後、ミシンをかけるなどした。
 26日は、裁断しミシンをかけたものを日傘の骨に付けていき仕上げていった。参加者は“世界に一つだけの日傘”に、UVカットスプレーを吹きかけていき完成させた。
 市内在住の60歳代女性は「着物をほどくのに時間がかかった。洋服にリメイクしようと思っていましたが、日傘にリメイク出来て嬉しい。26日に完成するのが、楽しみだった。来年は、洋服を作ってみたい」。
 高野さんは「着物が捨てられないからリメイクしたいという声が多く、今回はリメイクできる幅が広がりました。その手伝いができて、嬉しい」とそれぞれ話した。

2018年8月27日 (月)

盛り上がる別府JVC

 先日取材した、別府西ジュニアバレーボールクラブ(JVC)の高峰孝則監督から、17~19日に宮崎県で開催された「第33回全九州小学生バレーボール男女優勝大会」の結果報告を受けた。
 予選は基山JVC(佐賀)に2-1、仁田小JVC(長崎)に2-0と力及ばず。3位パートでも国分JVC(鹿児島)に2-1と、1勝を上げることが出来なかった。「1勝も上げられず、申し訳ない」と高峰監督も話していたが、まだまだこれから。別府を盛り上げるクラブとして、来年以降も頑張ってもらいたい。(大平)

少年自然の家「おじか」夏まつり

 別府市立少年自然の家「おじか」(田中博之所長)で、初めて夏まつりが25日午前10時から行われた。今年は夏のつどいが雨で出来なかったことから、それに変わるイベントをしようと計画されたもの。17家族45人が参加した。

0827t2

0827t3

 まずは工作を実施。2班に分かれて飾り棚とミニチュアイス作りに挑戦。お父さん、お母さんに手伝ってもらいながら、木をのこぎりで切ったり、紙やすりで断面をキレイにしたり、釘を打つなどした。大人から「釘はまっすぐ強く打って」などアドバイスを受けて、真剣な表情で作っていた。
 また、お昼ご飯ではほとんどの家族が飯ごう体験を希望。飯ごうにお米を入れ、ていねいにといだあと、水をはかっていれて火にかけた。マッチで火をつける時には、マッチを使ったことがない子どもばかりで、おじか職員に教えてもらいながら、慎重に火を付け、薪をくべて火力を上げると、飯ごうから水があふれだし、炊きたてのおいしそうなご飯のにおいが広がった。
 午後からは自由時間で、アスレチックで遊んだり工作を仕上げたりして、最後にヨーヨー釣りとお楽しみ抽選会で盛り上がった。
 嶋田愛海さん(9)=明星小3年=は「工作は、釘が曲ったりして難しかった。飯ごう体験は初めて。やけどしそうで熱かった。美味しくできていると思う」と話した。

べっぷ浜脇薬師祭りで花魁道中

 別府の夏祭りの最後を飾る「べっぷ浜脇薬師祭り」が24日から26日まで行われ、賑わった。

0827oa

0827ob

 25日午後8時から薬師祭りの名物、花魁道中が行われた。金棒を先頭に、手古舞、新造など15人が歩いた。今年の花魁はミス別府の稲井佳香さんと佐々木澪さん、長野恭紘別府市長の3人。数字の八を足で描きながら前に進む花魁独特の歩き方「八文字」をしっかりと再現し、観客を魅了した。道中の豪華絢爛な様子をカメラに収めようと大勢の人が詰めかけ、参加者もポーズを決めたり手を振ったりして応えた。
 ステージでは、参加者が「緊張しました」「来年は花魁になりたいです」などと感想を述べた。また、別府太夫を務めた長野市長が「美しいでしょう?」と観客に問いかけ、笑いを誘う場面もあった。
 最終日の26日には幼稚園生から高校生によるユニークダンスシアターと薬師音頭大会が行われ、祭りを締めくくった。

2018年8月25日 (土)

懐かしのラジオ体操

 別府市老人クラブ連合会のラジオ体操会の取材をした。
 参加者が行うラジオ体操を見て、記者が小学生のころも夏休みになるとラジオ体操をしていたことを思い出した。
 今は取り壊されたが「温泉プール」の東側で、夏休み期間中は毎日行われていた。「皆勤賞」が欲しくて、行っていた記憶がある。
 市老連のラジオ体操会のように、ラジオ体操第二までした覚えはないが、参加者を見て久しぶりにトライしてみようと思った。(田口)

別府ポートフェスタ2018

 別府国際観光港みなとまちづくり協議会(奥村伸幸会長)は別府ポートフェスタ2018を、25日午前9時から別府国際観光港第3埠頭フェリーさんふらわあ乗り場などで開催した。今日新聞社など後援。今年で11回目。多くのお客さんが訪れ、買い物などを楽しんだ。

0825o

 1階では「別府レトロ~港のマルシェ~」が行われ、手作りの豆腐やパンなどの食べ物や、イヤリング、バッグ、キーホルダー、革財布などの店がズラリと並び、訪れる人の目を楽しませていた。
 2階では「なにかいいものみつけよう!フリーマケット&高校生マルシェ」が開催され、身の回りの不用品や手作りポストカードなどの雑貨が用意されていた。別府溝部学園高校食物科調理部2年生によるパウンドケーキ、煎り味噌、コーヒーや、別府市立中部中学校3年生が総合学習の一環で作った本立てなどの木工製品売も行い、各校の生徒は「いかがですか」「おいしいですよ」などとお客さんに呼びかけていた。
 また、フェリーさんふらわあの船内見学で、中を隅々まで見た子どもが「部屋がとても広かった」「お風呂がキレイだった」と感想を話していた。
 このほか、シャボン玉大会、釣り大会・教室や「海辺をサイクリングフォトコンテスト」なども開催され、夏休みの最後を思いっきり楽しんだ。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気