本紙購読

特集ページ

« 南立石こども連絡所にのぼり旗 | メイン | 「平和」へのリセット »

2018年8月17日 (金)

別府青年会議所アドベンチャースクール

 一般社団法人別府青年会議所(中島雄一理事長)の青少年健全育成事業「アドベンチャースクール~おもてなしにふれる冒険へ~」が17日午前8時半、スタートした。

08173

 未知なる観光資源にふれることで郷土愛を、班で助け合って行動することで協働力を、今までやったことがないことに挑戦することで使命感を、自分たちで考え発表することで発信力を、動物の命を守る現場を体感することで責任感をそれぞれ醸成することが目的。
 結団式が別府ラクテンチ駐車場であり、市内外の児童30人が出席した。
 中島理事長が「いろんな職業体験ができるプログラムになっています。失敗を恐れずに、挑戦して下さい。この3日間、楽しみましょう。保護者の皆さん、明後日のお迎えに来たとき、子どもの成長を感じて下さい」。
 尾林大生青少年守伝創新委員会委員長は「1つでも多くのこと学び、自分のものにして下さい。3日間がけがなく終わるよう、楽しみましょう」とそれぞれあいさつした。
 児童を代表して1班班長の沖村宗司さん=春木川小6年=が「この3日間、みんなと楽しく学んで、夏休みの思い出を作りましょう」と決意表明した。
 河野勉也・子ども同行隊長(別府JC運営幹事)、首藤俊祐・「博士」(別府JC副委員長)が登場し、注意点やスケジュールなどを説明した。
 西寛之別府ラクテンチ代表取締役(別府JC特別顧問)が、ラクテンチの概要などを説明した。
 別府ラクテンチでは、①ケーブルカー案内②総合案内③プール監視員④動物の世話―の4つの仕事を班ごとに体験する。
 結団式終了後、記念撮影をし、徒歩で別府ラクテンチの乙原ゲートまで移動した。
 17日は、ラクテンチで職業体験後、海地獄、鉄輪地区散策、夢玉手箱で入浴、里の駅かんなわで地獄蒸し体験、うみたまごで「夏のお泊り水族館」などを行う。
 18日は、うみたまごのバックヤードを見学後に移動し、朝見オリエンテーリング、亀川地区散策、浜田温泉に入浴、アフリカンサファリでナイトクルーズを楽しみ、施設内にあるキャンプ場に宿泊する。
 19日は、アフリカンサファリでジャングルバスガイド体験などをし移動後、明礬地区散策などを行う。午後4時15分、海鮮市場で解団式を行う。
 塚本仁子さん(10)、敷嶋優心さん(9)は、「温泉が楽しみ。動物のエサやりなどをしてみたい」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気