本紙購読

特集ページ

« 初盆を迎える皆様 | メイン | 海地獄でオオオニハス乗り »

2018年8月13日 (月)

別府竹細工夏休みワークショップ

 「竹・ルネサンス」実行委員会(岩尾一郎会長)は「別府竹細工夏休みワークショップ」を12日午前10時、別府市竹細工伝統産業会館で行い、県内外の児童7人、保護者8人が参加した。

08133

 講師を務める岩尾会長(別府竹製品協同組合長)が「黒、緑、ピンク、青、黄の竹ひごを使うことで、オリジナルのフォトフレームができますので、チャレンジして下さい」とあいさつし、作業工程を説明した。
 児童は、フォトフレーム(たて16㌢、横21㌢)内の模様となる「四つ目編み」と「ゴザ目編み」のどちらかを選択し、竹ひごを編んでいった。岩尾会長が編むときのコツを教えると、児童の編むスピードが速くなった。
 編み上がるとボンドを付けて、フォトフレームに収まらない部分の竹ひごをハサミで切った。時おり、保護者も手助けをしながら完成した。
 四つ目編みでフォトフレームを作った清水麻由さん(7)=神奈川県川崎市立百合丘小学校2年=は「竹細工はしたことがなかったから、挑戦しようと思った。編むところが、とっても楽しかった。次は、網代編みをしてみたい」。
 ゴザ目編みに挑戦した佐藤優さん(9)=大分市立森岡小学校3年=は「編んでいるときが、楽しかった。最初は難しかったけど、コツをつかんだらスムーズにできた。次は六つ目編みをしたい」とそれぞれ話した。
 参加者は市竹細工伝統産業会館内の展示を見て回った。同日午後2時からも、ワークショップが行われた。
 ワークショップは19、26日、午前の部(10時から正午)、午後の部(2時から4時)の計4回行われる。いずれも定員10人。参加費2千円。
 対象は小学生(1~3年生は保護者同伴)。同伴する保護者は、1名につき観覧料300円が必要。
 申し込みや問い合わせは、別府市竹細工伝統産業会館(電話231072)まで。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気