本紙購読

特集ページ

« 別府竹細工夏休みワークショップ | メイン | 酷暑にめげず »

2018年8月13日 (月)

海地獄でオオオニハス乗り

 海地獄(千壽智明代表取締役社長)はファミリーサービスの一環として「オオオニハス乗り」を、午前10時半から園内で15日まで行っている。

0813o

 オオオニバスはスイレン科でもっとも大きい水生植物で、主にアマゾン川流域に分布している。園内で温泉の熱を利用して栽培されているものは、葉の直径が約150㌢から200㌢にもなり、体重が20㌔㌘までの子どもなら乗れる。毎年恒例のイベントとしてお盆に実施している。
 13日は乗り場の前に長い行列ができ、係員に抱えられて乗った。笑顔でピースサインをしたり、怖くて途中で泣き出したりする子どもも。お父さんやお母さんは「こっちを向いて」と言いながらデジタルカメラやスマートフォンで我が子の写真を撮るなどした。乗り終わった子どもには、お土産として入浴剤「えんまんの湯」が配られた。
 市内在住の後藤聡太さん(6)は「とても楽しかったです」と笑顔を見せた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気