本紙購読

特集ページ

« 中央公民館で「ものづくり教室」 | メイン | 森教授を講師に教育講演会 »

2018年8月 9日 (木)

地域に寄り添い活性化を

大分みらい信用金庫理事長
森田 展弘(もりた・のぶひろ)さん(61)

0809t2

 6月の総代会終了後の理事会で、第11代理事長に就任。8年ぶりの理事長交代となった。
 勤続39年の中のほとんどを営業畑で過ごした。「おかげで、多くのお客様と知り合うことができました」と笑顔を見せる。
 みらい信金は、地元有志による「有限責任別府信用組合」として設立され、常に地域と共に歩んできた。平成34年には創立100周年を迎え、「盤石な100年金庫の構築」という長期ビジョンを策定。「しんきんかん」を合言葉に、預金量4千億円、貸出金2千億円などを具体的な目標に掲げている。
 「私どもをメインバンクとして選んでいただいている事業者数を引き上げていきたい。また、地域への感謝の気持ちを形として残したいと思っています」と話す。
 「地域の皆さまから笑顔をいただける信用金庫を目指す」を就任のスローガンに。「信用金庫の究極的な目的は、地域の活性化。そのためには、この街で暮らし、働く人が増えていくことが必要。創業支援や事業継承に力を入れていきたい。別府の経済は外国人をはじめとする観光客の増加から、街ににぎわいが出ていると感じる一方で、競合の激化や慢性的な人手不足などの不安の声も聞く。お客さまの悩みにしっかり向き合いたい」と語る。
 大分市出身で、大分大学卒。昭和54年に別府信用金庫に入庫し、大分支店を皮切りに大分市内の支店を回り平成14年に鶴崎森町支店長に。平成20年に営業推進部長、24年に別府地区統括執行役員、26年からは常務理事として別府地区営業統括や融資部門を担当した。
 平成11年に始めたみらい経営者スクールは現在でも続いており、470名以上の卒業生を輩出し、互いに交流を深めている。また、年金旅行を復活させ、平成23年に北海道の大地みらい信用金庫と連携。「旅行プランをたてるのが好きで、普通のツアーにはない、地元の人がいいなと思う所を巡り、大好評だった。地元の信金と連携したからこそできた。これがきっかけで、全国の温泉地の信金とのネットワークを立ち上げるなど広がりをみせている。今後も、地元ならではの面白いプランを全国の信用金庫に提案していきたい」と熱く語る。
 座右の銘は「日々是好日」。「失敗経験も含めて、今のこの時にしかできない経験に感謝しながら生きること。経験を積み重ねていくことで、人間味を増していきたい」と話す。家族は妻と長女。趣味はボウリング。大分市在住。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気