本紙購読

特集ページ

« 久米野妙子さん市美展で県知事賞 | メイン | 思いを語る供養 »

2018年8月29日 (水)

永尾福康さんに少年補導栄誉銀章

 大分県少年警察ボランティア協会理事で別府地区少年警察ボランティア協会会長の永尾福康さん(79)=別府市馬場=に29日午前9時15分、別府警察署大会議室で少年補導栄誉銀章が木村浩和別府署長から伝達された。栗生俊一警察庁長官、岩井宜子・公益社団法人全国少年警察ボランティア協会会長連名。

08292

 伝達した木村署長は「永尾会長を含む別府地区少年警察ボランティア協会のおかげで、少年非行グループや少年のトラブルが減少しました。これからも継続して活動をお願いします」と述べた。
 永尾さんは「今回の受章は長いこと続けてきた成果と思い、嬉しく思います。これは私だけのものではなく、少年警察ボランティア協会の皆さん、警察署の皆さん、別府市役所の皆さん、家族があったからこその受章だと思います。これからも子どもたちの健全育成と生涯現役を胸に、子どもたちと向き合い頑張ります」と話した。
 永尾さんは昭和60年8月30日、少年補導員に委嘱され33年間、朝日地区の少年補導員として活動してきた。別府地区少年警察ボランティア協会が主催するイベントの企画立案などを行い、花火大会などの祭典では少年補導活動を行っている。その他、別府地区独自の活動として、年金支給日の振り込め詐欺ATM警戒活動も実施している。また、平成21年8月5日には、大分県公安委員会から少年指導委員に委嘱され、パチンコ店など風俗営業店に積極的に立ち入りを実施し、別府市内の少年の健全育成に多大な功労がある。
 三宮隆秀別府署生活安全課長は「青少年の健全育成には、ボランティアの力が大きい。引き続き、協会と連携して少年の非行防止活動を推進していきたい」と述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気