本紙購読

特集ページ

« 県民体育大会の別府市結団式 | メイン | 苦味が苦手 »

2018年8月31日 (金)

別府市議会第3回定例会が開会

 別府市議会の平成30年度第3回定例会が31日午前10時から、開会した。会期は27日までの28日間。

0831t2

 初日は、上程中の議案について、長野恭紘別府市長が提案理由を説明。はじめに、西日本に大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨について「本市は、愛媛県と広島県に職員を派遣し、給水活動や行方不明者の捜索活動等を支援してきました。今後も、必要な復興支援を継続していきたい」と報告。また、酷暑に見舞われたことを受けて「空調設備の設置については、様々なご意見をいただきましたが、この事業を決断し、1年間という短期間で完了させることができ、本当に良かったと心から感じています」と述べた。
 議案については「次世代を担う子どもたちが、安心して通園・通学ができ、学業等に専念できる教育環境の整備は私たちの責務でもあると考えています。その他にも、3カ年計画で幼稚園、小・中学校のトイレを洋式化し、和式トイレに不慣れな子どもたちの生活・衛星面の改善を図るなど、安全安全で快適な教育環境の構築に努めます。また、別府市大学奨学制度を拡充し、大学教育を受けたい学生及び家庭の経済的支援を図ります。返還免除規定を新設し、卒業後、本市に居住することや保育所等で保育士として勤務することを条件に、返還金を免除する」
 「平成27年度に設置した南部振興プロジェクトチームが何度も地域に足を運び、課題を探求しながら策定した提言書をもとに、地元の皆様からいただいたご意見も踏まえ、南部地区のまちづくりの全体像を示す『別府市南部振興基本計画』を策定しました。その中で、旧南小学校跡地の活用について、健康増進や交流の場となる複合公共施設及び広場の整備と移住・定住の受け皿となる住宅地の整備等の具体的な計画も示し、引き続き、協働のまちづくりに取り組んでいきます」などと述べた。
 他にも、亀川地区における新しい放課後児童クラブの開設、入湯税超過課税分の使途を協議する審議会の開催、ブロック塀の撤去及びフェンスの設置、ラグビーワールドカップの公認キャンプ地となったことでウエイトトレーニング施設の整備、来年開催される競輪のGIレースに向けた整備などの一般・特別会計補正予算案、条例案などについて説明した。
 さらに、平成29年度一般・特別会計について、恵良寧代表監査委員が監査結果を報告し「経常収支比率は97・8%で前年と同率。依然として硬直化した構造が続いており、安定的な財源確保が必要」とした。水道会計の29年度決算については「有収率は86%と前年度と比較して2・3ポイント上昇しているが、年間総有収水量の減少、年間総配水量の減少によるもの。これは、熊本地震の影響がなくなったことによるものと考えられる。漏水防止対策を積極的に推進し有収率の向上を図ること。人口減少により、水需要も減少しているが社会情勢の変化に柔軟に対応するとともに、災害時にも対応できるよう、本市水道事業のあるべき姿を探求してほしい」と述べた。議案質疑は9月5日に行われる。

一般質問通告は15人

 別府市議会の議会運営委員会(堀本博行委員長)が31日午前9時に開かれ、一般質問について協議した。
 一般質問は20、21、25日に行われ、各日とも5人ずつの計15人が通告していることが報告された。一般質問の日程は次のとおり。
 ▽20日=萩野忠好氏(自民・創生)安部一郎氏(同)竹内善浩氏(桃花善心の会)荒金卓雄氏(公明党)河野数則氏(自民クラブ)▽21日=首藤正氏(同)穴井宏二氏(公明党)加藤信康氏(市民クラブ)松川峰生氏(志士の会・自民)阿部真一氏(自民・創生)▽25日=野上泰生氏(新風べっぷ)堀本博行氏(公明党)平野文活氏(日本共産党議員団)市原隆生氏(公明党)松川章三氏(新風べっぷ)。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気