本紙購読

特集ページ

« 笑顔の抱擁に隠されたもの | メイン | 別府市議会の第3回定例会 一般質問最終日午前中 »

2018年9月25日 (火)

第59回鉄輪湯あみ祭り賑わう

 第59回鉄輪温泉湯あみ祭り(NPO法人鉄輪あすなろ会主催)が23日まで開催され、大勢の人で賑わった。

0925t3

 23日は同地の温泉を開いた一遍上人の座像を洗い清める珍しい湯あみ法要や、26人の子どたちが華やかな衣装を身につけ、稚児行列が行われた。
 午前10時半すぎに温泉山永福寺で河野憲勝住職が読経をする中、子どもたちは円になって数珠を回した。その後、稚児と一遍上人像は、温泉山永福寺を出発。渋の湯などで河野住職が一遍上人像にお湯をかけ、洗い清めた。むし湯前では稚児が常設されている一遍上人の石像にひしゃくでお湯をかけた。また、巡行した上人像には、一般参加者がお湯をかけ、手を合わせた。
 稚児は鉄輪銀座などを歩き、家族らがカメラやビデオでわが子の姿を撮影。稚児も笑顔で手を振るなどした。
 別府市内に住むおばあちゃんからの勧めで姉妹で参加した大分市の高橋結衣さん(9)と愛乃さん(2)、2回目の参加という結衣さんは「(キレイな衣装を着て)うれしかった。歩くのはちょっと長かった」と笑顔で話した。
 夜には鉄輪むし湯前広場で踊り念仏の奉納が行われ、餅まきで締めくくった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気