本紙購読

特集ページ

« 別府市議会の予算決算特別委員会 | メイン | 市内の看護師4人が一日救急隊長 »

2018年9月14日 (金)

別府大学 秋季卒業証書・学位記の授与式

 別府大学の平成30年度秋季卒業証書・学位記授与式が13日午前10時、別大メディア・教育研究センター4階メディアホールであり、2学部4学科の留学生が25人が学び舎を巣立った。

09142

09142_2

 引き締まった空気の中、佐藤瑠威学長から文学部国際言語・文化学科の于述涛さん=中国=、史学・文化材学科の金子昂平さん、人間関係学科の呉詩雨さん=中国=、国際経営学部国際経営学科の厳藝丹さん=中国=らに卒業証書や学位記が授与された。
 式辞として、佐藤学長が「大学を卒業することは、人生の最も重要な区切りの一つになります。小学校から始まる長い学校生活が終わることを意味します。大学は学校教育の最後の段階で、最も高度な教育が行われる段階です。留学生の皆さんにとっては、異国の地で生活習慣の違いや、日本語習得の困難を克服して卒業したことに敬意を表します」。
 「大学を卒業することは、多くの人にとって新しい生活が始まることを意味します。これからは、一人の社会人として生きていくのですが、生計を立てて自立するだけでなく、生活のすべてにおいて責任を持って生きていかなければなりません。これから、試行錯誤を重ねて多くの失敗や挫折を経験しながら、少しずつ自立した人間となり、社会人として成長して下さい」と述べた。
 最後に、全員で大学歌を斉唱した。
 授与式終了後、各学科の教授らから卒業生一人ひとりに卒業証書が手渡された。
 各学科の卒業者数は、次のとおり。
 ▽国際言語・文化学科6人▽史学・文化財学科2人▽人間関係学科2人▽国際経営学科15人

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気