本紙購読

特集ページ

« 福祉事業所の事業継続計画作成 | メイン | 市内全域で一斉に調査を実施 »

2018年9月29日 (土)

杵築市が市長賞詞第1号

 杵築市は、今年2月に制定した市長賞詞の第1号となる授与式を27日午後1時半、市役所で行った。スポーツや産業振興などで功労のあった個人や団体に授与される。

0929t2_2

 今回賞詞を授与されたのは、▽上野喜一郎さん(54)=昨年10月の第17回全国障害者スポーツ大会で立ち幅跳び1位、ジャベリックスロー(やり投の一種で、ロケット状の物を投げる)2位の成績を収め、平成30年度大分県障がい者体育協会特別優秀選手賞を受賞▽阿南正史さん(45)=第17回全国障害者スポーツ大会で車いす両駆100㍍と800㍍で1位、27、29、30年度の県障がい者体育協会優秀選手賞を受賞▽伊東進一郎さん(30)=第17回全国障害者スポーツ大会でソフトボール投げ1位、砲丸投げ2位となり、27、29、30年度の県障がい者体育協会優秀選手賞を受賞▽有限会社中野酒造=今年7月にフランスで開催された日本酒コンクール「Kuraマスター2018」で「ちえびじん純米酒」が650本の中から1本だけ選ばれる最高賞のプレジデント賞を受賞した。
 永松悟市長が賞賜と七島イで作った円座を手渡し「全国の障害者大会で多くの優勝を飾り、大分県チームの中心となる3人のアスリートと、オール杵築で作った杵築ブランドでもある『ちえびじん純米酒』が世界でナンバー1になった。皆さんの活躍は希望と勇気を与えてくれた」とあいさつ。
 来賓の二宮健太郎市議会副議長、衛藤明和県議が祝辞。受賞した上野さんは「とても感動しています。60歳の時に赤いちゃんちゃんこを来てグラウンドでメダルを掲げるのが今の目標。感謝の気持ちを絶対に忘れずにやっていきたい」。阿南さんは「これからも自分を磨きながら、さらにもうちょっと高いところに向かって頑張りたいと思う」。伊藤さんは「昨年は飛躍の年で、充実した1年でした。東京パラリンピックを目標に頑張りたい」。中野淳之代表取締役は「明治7年に創業し、私が6代目。農家の素晴らしい物がないと成り立たない。地元に愛され、世界に愛される商品をこれからも作っていきたい」とそれぞれ述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気