本紙購読

特集ページ

« 別府市のお盆入り込み客速報値 | メイン | 別府ラクテンチ こども湯~園地チャレンジ »

2018年9月 8日 (土)

髙山ガバナー公式訪問

 別府市内の4ロータリークラブは、「国際ロータリー第2720地区2018-2019年度合同例会」を、7日昼すぎからホテルサンバリーアネックスで開催した。市内4RCの会員など約100人が出席。

0908orca

0908orcb

 国際ロータリー第2720地区ガバナーの髙山泰四郎氏(77)が公式訪問した。髙山氏は1941年4月8日生まれ、大分市出身。髙山活版社監査役、大分県中小企業団体中央会会長、広瀬勝貞大分県知事後援会会長。1980年8月に大分東RCに入会。1989~1990年度には大分1985RC会長を務めた。そのほか、地区財団学友会委員会委員長、地区学友・奨学金委員会委員、地区学友・奨学金委員会副委員長、大分第4グループガバナー補佐、地区職業奉仕研修委員会委員長など要職を次々に就任した。
 開会宣言の後、点鐘、君が代とロータリーソング「奉仕の理想」の斉唱が行われた。ゲスト、ビジターとして髙山氏ら7人が紹介された。また、長期青少年交換事業の一環で8月7日から鶴見丘高校2年生として留学生活を送っているバロニエ・ビルジル・ケイゾーさん(フランス)が、日本語で自己紹介を行った。各RC会長による4クラブ新会員の紹介も行われた。
 一力秀次別府東RC会長がスピーチ、沼田守生別府東RC幹事が幹事報告、各クラブ出席委員長が出席報告をそれぞれ行った。
 このあと、午後1時5分から髙山氏が「ガバナーアドレス」として今年度RI方針など基本路線を解説した。今年1月4~20日に米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された国際協議会についての報告をした後、2018~2019年度の地区スローガン「ロータリーを信奉し奉仕に行動しよう」の意味について解説。ロータリーの中核的価値観について①奉仕②親睦③多様性④高潔性⑤リーダーシップ―の5点を挙げ、それぞれについて説明を行った。また、重点取り組み事項としてクラブの活性化の具体案6点と青少年奉仕活動の更なる充実の具体案5点についてもふれた。結びに、国際ロータリークラブ(RI)会長のテーマ「インスピレーションになろう」を取り上げ、「最近、当地区各部門の奉仕活動は非常に充実し、活発になり、会員数も一段と増加しています。ここで原点に帰り、足元のクラブの活性化に目を向け、会員皆様にとって価値ある、魅力的なクラブ作りに取り組みましょう。第2720地区をさらに盛り上げていきましょう」とクラブ活性化を中核とした活動の取り組みを促した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気