本紙購読

特集ページ

« 別府八湯ウォークガイド募集大会 | メイン | 別府市議会の予算決算特別委員会 »

2018年9月11日 (火)

元祖「六角温泉」?

 日本温泉科学会が別府市で行われたが、その時、参加者に配られたバッグ(写真)がユニークだった。

0910t2

 泉質を形で表した「別府八湯ヘキサダイヤグラム」。一般的な温泉の主要な陽イオンはナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム。陰イオンは塩化物、硫酸、炭酸水素がある。ヘキサ図の中央線の左側に陽イオン、右側に陰イオン各3種を配置し、それぞれバル濃度(各イオンの濃度を電気量で表したもの)を中央線から水平距離で表し、それを結んでできる六角形で泉質を表現している。
 大会中、スタッフは別府八湯ヘキサダイヤグラムのTシャツを着ていた。大会用に作ったものだというが、まるで星座みたいで面白い。幸準一郎別府温泉博物館事務局長は「このヘキサダイヤグラムを広めていきたい」と話した。(高橋)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気