本紙購読

特集ページ

« 国民文化祭 別府市イベントPR動画を公開 | メイン | 障がいを乗り越える奉仕 »

2018年9月20日 (木)

再選理由とは

 安倍晋三自民党総裁が再選された。圧倒的な強さは石破茂氏を完全にKO。この「予想外」の強さはどこにあったか。今日は彼岸の入り、脳細胞をクールダウンさせて「検証」してみた。
 「森友、加計問題」の追及にさらされ、各種マスコミからの袋だたきに逢いながらもナゼ生き延びたか。
 問題は我が国官僚世界にあって「聖域」とされた、文科行政に対する政権介入が根本にあった。そ末ながら、森友学園に異常な支援を寄せた、昭恵夫人は幾度となく国会への証人喚問要求にさらされた。安倍氏はキッパリこれを拒否し続けた。完璧に自分の女房を守ったフェミニストと映った。
 学生時代からの友人、加計孝太郎加計学園理事長の召喚も徹底拒否。友人を守った。この間の支持率は急速に落ち込み。首相退任と見る向きも広がった。一方、経済施策のアベノミクスは徐々に効果も表れ、若者の求人倍率、企業の増収益、株価への反応は、地方への一部波及効果低迷を除き、成果を収めた。外交努力も奏功して、世界に果たす役割も深まった。大国、中小国の垣根を越えた友好外交とあわせ、日本製品を徹底的にPRした「トップセールスマン」としての役割に経済界が同調した。要は経済だ。
 総裁選では圧倒的な支援を自覚したのか保守政治の天王山「憲法改正」を持ち出した。それ行けドンドンの雰囲気。
 なぜ安倍氏の独走をここまで許したか?
 一つに、足並み揃わぬ野党の政権批判。安倍氏個人の人間批判に終始、実現可能な具体的政策案も提示できない休眠国会が続いた。政治手法の衡きどころを失した感がある。政権批判、首相批判をくり返した野党議員は個人的な自己のパフォーマンスに誘導。「野党連携」の意欲すら感じさせず、官僚イジメに終始した。
 総裁選では石破氏の読みが完全に裏目となった。森友加計で漏らした政権批判は、「味方の背中に矢を射る」と映った。党幹事長や主要閣僚ポストを経験した人とは思えぬ所業だった。議員票より党員票を頼みにした戦略が災したか。
 政権は3年の「猶予」を得たにすぎない。これ以上若手議員の不用意な発言や、ベテランの失言、驕りをくり返せば押して知るべし。
 保守政治は本来。、中小企業や高齢者が支持基盤だが、安倍氏には若者層や40~60代の女性層に新たな支持が生まれたという。「憲法改正」は単なる政権のための政策ではないハズ。1億2千万人共通の課題として、どう真しに受け止めていくかにかかる。注目していきたい。     (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気