本紙購読

特集ページ

« パワーリフティングのラオス代表が亀小6年と交流 | メイン | 広瀬勝貞県知事の講演に520人 »

2018年9月 5日 (水)

別府市議会の第3回定例会

 別府市議会は平成30年度第3回定例会の本会議を5日午前10時に再開し、上程中の議案に対する質疑を行った。午前中は、野口哲男氏(自民・創生)、野上泰生氏(新風べっぷ)、市原隆生氏(公明党)、加藤信康氏(市民クラブ)、松川峰生氏(志士の会・自民)が質問を行った。

0905t2

 野口氏は、学生大同窓会について「提案の内容が少し変わってきていうようだが、開催時期や規模はどうなっているのか。補正予算の根拠は」と質問。
 杉原勉文化国際課長が「来年3月末頃を予定しており、当初は300人程度を想定していたが、卒業生だけでなく、現役学生や市民も参加してもらうことで千人程度になったため、会場を変更した。現在把握しているだけで、卒業生は147の国と地域で、SNSを活用した新たなシステムを構築し、今後も世界中にネットワークを広げることで、卒業生の就職や起業につなげていきたい。参加者の宿泊や飲食、SNS発信による知名度の向上、ビジネスチャンスの拡大などの効果が期待できる」と答えた。
 他にも、亀川に新設される放課後児童クラブ、旧南小学校跡地活用、小・中学校の施設整備などについても質問した。
 野上氏は、美術館の解体経費について「何故、このタイミングなのか。旧南小の解体はPFIで事業者がやる方が安くなるということだが、美術館は行政がやるのはどうしてか。PFIで一体化できないのか」と質問。
 高橋修司教育委員会教育次長兼社会教育課長が「別府海浜砂湯の改修をスピード感を持って行うため、更地にする。サウンディング調査なども行った結果、事業者に負担をさせると、民間参入が困難になることが考えられる」と答えた。
 野上氏は、入湯税の超過課税分の使途に関する審議会についても「観光客を増やすことを優先して、今来ている人への還元が薄れることを危惧している。納税者が納得し、どのような成果が出るのかが大切。集客のみを目的としたものには使わないでほしい」と要望。
 田北浩司観光戦略部長は「みらい検討会議でふさわしくない例も示してもらっている。提言の内容を含め、審議会で審議してもらいたい」と答えた。
 市原氏は、災害復旧に要する経費について質問。藤田一樹教育政策課参事が「北部中学校ののり面が崩れ、土砂が道路に流出した。土曜日だったので通学中の生徒もなくでケガ人はなかった。現在は押し固め、土砂を受け止める箇所も設置しているが、対策をしたい」と説明。
 市原氏は「現在は目立たなくなっているが、さらに補強するということだと思う。予想を超える雨が降ったりする。通学路に不安が残らないように安全確保をしてほしい」と要望。
 有害鳥獣被害防止に要する経費についても質問。小林文明農林水産課長は「浜脇校区から南立石校区、堀田まで出没している。遠隔監視操作でICTを活用した大型檻の購入を補助する。昨年、大分市が購入しているのを借りて浜脇で設置してみたところ、7月に4匹が2回、計8匹を捕獲した。群れごとに多く捕獲できる。エサがなくなる冬場に向けて捕獲を強化したい」と答えた。
 加藤氏は、大学奨学金について質問。姫野悟学校教育課長が「市内居住や保育士として働くことを奨学金免許規定として設け、他の奨学金制度との併用が可能、奨学生枠を増員の3つがポイントとなっている」と説明。
 加藤氏は「職種を決定する時に、他の職種について検討したのか。拡大することはあるのか」と重ねて質問。姫野課長は「様々な議論をしたが、別府市を支える人材育成、確保として設定した。まずは新しい制度の定着に取り組みたい」と答えた。
 これに対し、加藤氏は「まずは保育士というのは理解できるが、結果が出るのは、早くても2年後。全国的に保育士が足りない。保育士がいないわけではなく、何故足りないのかを調査してほしい。経済的な理由ではないかと思う。労働条件などを含めて、環境整備が大事なのではないか」と指摘した。
 松川氏は、地震津波等被害防止対策に要する経費について「給水タンクを避難所13カ所に設置すると聞いているが、組み立ての時間はどれくらいか。誰が組み立てるのか、訓練はどうするのか。誰でも組み立てられるようにすべきでは」と質問。
 田辺裕防災危機管理課長が「大人2人で20~30分程度。災害時は、避難所の担当職員や地域の自主防災会の人になると思うが、地区の防災訓練の中で訓練を行っていきたい」と答えた。
 「みんなでつくる健幸のまちべっぷ」に要する経費についても質問。樋田英彦健康づくり推進課参事兼健幸企画係長が「働きざかりの年代に、市内のホテルを利用して、食事、運動、温泉を組み合わせた健康づくりをモデル事業として行いたい。対象は20~60歳で、1クール15人、4回の2クールを予定している。実施時間は、出社前の午前6時から8時。どのようなきっかけで意識づけができるか、指導により継続性が保てるかを検討したい」と説明した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気