本紙購読

特集ページ

« 別府市議会の第3回定例会 | メイン | 再選理由とは »

2018年9月20日 (木)

国民文化祭 別府市イベントPR動画を公開

 別府市は、10月6日から始まる第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の別府市で行われる分野別事業11イベントのPR動画をそれぞれ制作した。

0920t2_2

 動画は職員が手作りで制作し、作品の制作風景や関係者のコメントなど、それぞれのイベントの面白さや意気込みを見る事が出来る。別府市ホームページ「おおいた大茶会 別府市のイベント」の中や極楽地獄別府サイト、別府市役所1階のバンブーシアター(正面玄関近く)などで公開している。分野別事業の日程と内容は次のとおり。
 ▽国民文化の象徴「将棋」の祭典=10月12日はJR別府駅、13、14日は公会堂、無料。駒作り実演やプロ棋士による指導対局(事前申込)などがある。プロ棋士は深浦康市九段、佐々木大地四段、渡部愛女流王位、安食総子女流初段が参加予定。また、13日午前10時からは、加藤一二三・九段の講話もある▽ニッポンの祭り唄・盆おどり全国大会=10月14日午後1時、ビーコンプラザ。「ヤッチキ」と「別府ばやし」を子どもたちが踊り、オープニングを飾る。第1部は日本の盆踊り西東、第2部は民族芸能でつなごう“アジアの架け橋”、第3部はおおいた「盆踊り保存会」による“ふるさと自慢”、第4部は特別招待出演で、柏野じょんがら(石川県)や山鹿灯籠踊り(熊本県)などが出演する。入場料は千円(中学生以下無料)。
 ▽能とお茶の祭典=10月17日午前10時、山荘神和苑。午前10時からお茶会、11時と午後1時半から能のワークショップと観劇がある。観世流能楽師の宮本茂樹さんが「敦盛」を披露。お茶は、表千家、裏千家、煎茶道阿部流。能とお茶3席セットの前売りは2500円。当日券は、能が千円、お茶は1席500円。▽湯けむりたなびく温泉地別府川柳の祭典=10月21日午前9時、公会堂、入場無料。事前に募集した川柳の中から入選、入賞を決定すると共に、当日投句も受け付ける。当日投句のお題は「湯」「煙」「香り」で、各題2句。投句料は千円。
 ▽九州マーチングバンドの祭典=10月27日午後1時半(高等学校の部)、28日午前11時半(幼保・小学生・中学生・一般の部)、ビーコンプラザ。東京ラヴィソンレビックインドアドラムインをゲストに迎えて実施。入場料は高校の部正面指定席(S席)3千円、同A席2500円、側面指定席2千円で、10月7日午前10時から、チケットぴあで発売。幼保・小・中・一般の部は全席自由で当日券は一般券2500円、小学生券千円▽豊後南画「過去・現在・未来」への誘い=11月1~6日の午前10時から、トキハ別府店、入場無料。3日午後1時から表彰式、同3時からシンポジウムが行われる。
 ▽別府市アール・ブリュットの芽ばえ展=11月3~9日、ゆめタウン別府、入場無料。障がいがある人たちがその障がいを越えて様々なアート作品を展示する。3日午前10時からは絵手紙教室、午後2時から切り絵教室、4日午前10時から革細工教室のワークショップを行う▽鉄輪スケッチ芸術祭=11月4日午前10時、鉄輪むし湯広場で受け付け。10~18日はスケッチ展示と写真野外上映も実施。当日参加者は、大人千円、子ども500円。
 ▽新時代を切り開く「邦楽の祭典」=11月18日午前10時、公会堂、入場無料。箏、三絃、尺八、雅楽、胡弓などを中心とした愛好者の演奏会。高校生と大学生による合同演奏も予定されている▽湯にば~さるファッションinべっぷ=11月23日午後1時半、ビーコンプラザ、入場無料。障がいのある人もない人も、子どももお年寄りも関係なくオシャレを楽しむ。オープニングでは、アルケミストが出演し、美しい歌声とハーモニーを聴かせる。
 ▽連句の祭典=11月3、4日、公会堂など。3日は吟行会として、臼杵散策バスツアー(4500円)、別府てんてくガイドウォークコース(千円)を行い、4日は公会堂で本大会を午前10時から行う。見学は自由で、実作など全体を通して参加してみたい人は会費4千円。別府大学の江崎一子名誉教授が「温泉と健康と食」と題して講演を行う。イベントの問い合わせは、文化国際課(電話211271)へ。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気