本紙購読

特集ページ

« 別府の味が姿消す | メイン | 力合わせて盛り上げたい »

2018年9月 4日 (火)

日出町が総合防災訓練を実施

 日出町は、平成30年度総合防災訓練を2日午前9時から、町内で実施した。

0904t3

 南海トラフを震源とする地震が発生し、津波警報が出たーとの想定で行われた。町、陸上自衛隊第41普通科連隊、自衛隊大分地方協力本部、杵築日出消防組合日出消防署、杵築日出警察署、国土交通省大分河川国道事務所、九州電力別府営業所、コープおおいた、JR九州大分支店、NTT西日本大分支店、地域住民ら関係機関・団体約2500人が参加した。
 災害対策本部を町役場旧館3階大会議室に設置し、本田博文町長が大分河川国道事務所とテレビ電話で情報交換。地震に伴い、豊岡で緊急停車した列車から乗客が線路の上を通って安全な場所まで移動し、避難所である豊岡小学校まで歩いた。その様子を大分河川国道事務所の災害情報システムを使って映像を伝送してもらい、安全を確認。避難所では、豊岡婦人会による非常食の炊き出し訓練もあった。
 対策本部には次々と避難者の情報が入り、関係機関と連絡を取りあいながら情報を共有し、対応に当たった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気