本紙購読

特集ページ

« ビッグローブが温泉に関する調査 | メイン | 第50回九州地区子ども会育成研究協議会 »

2018年10月28日 (日)

29日まで市教育祭の展覧会

 別府市教育委員会は平成30年度第66回別府市教育祭の作品展覧会を、トキハ別府店4階催し場で開催している。29日までで、午前10時から午後7時(30日は午後3時半)。観覧は無料。

1027o

 音楽や絵画などを鑑賞することで、国際観光温泉文化都市にふさわしい土台作りを図るのが目的。音楽祭と展覧会があり、展覧会では市立幼・小・中学校と南石垣支援学校の児童らが授業の時間や夏休みなどを利用して制作した絵画168点、書写308点、読書感想画27点、統計グラフ25点、人権ポスター22点、人権標語6点、科学作品86点、教職員による作品7点、計649点を展示。
 自由な題材の絵画は描きたいものを画用紙いっぱいに描いた、元気あふれる作品がそろっている。「思いやりで笑顔を救おう」「みんな友だち!」など人権の大切さを呼びかけたものもある。統計グラフでは「給食のちから」と題して好きなメニューについて集計したものや、夏休み中に咲いたアサガオの数をまとめたものなど、子どもの独創性豊かな作品がズラリと並び、人の目を引きつけている。
 別府市在住の佐藤洋子さん(85)は「読書感想画は、自分の気持ちをきちんと反映できている絵ばかりで、とても面白い。昔、自分の子どもがこういう風に展示されたことを思い出し、懐かしい気持ちになった」と話した。
 音楽祭は30日午後0時45分から、ビーコンプラザのフィルハーモニアホールで開催される。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気