本紙購読

特集ページ

« 全日本ジュニア新体操大会に出場 | メイン | 別府市宿泊客の上半期速報値 »

2018年10月30日 (火)

軟式オレンジボール学童野球大会

 第6回別府市軟連会長旗軟式オレンジボール学童野球大会(別府市軟式野球連盟主催)が9月16、17、22日、10月20、21、28日に市営野口原ソフトボール場A、B球場で行われた。

10303

 オレンジボールは、普段試合に出る機会が少ない小学3年生以下を対象としたもので、試合は5回まで(90分経過した場合には、新しいイニングには入らない)で、ボールも通称オレンジボールと呼ばれるD号ボール(通常がC号ボール)を使用する。
 大会には9チームが出場し、トーナメント方式で試合を行った。決勝戦は28日に行われ、南立石ファイターズと大平山・朝日少年野球部の対戦となった。1回表に南立石が1番打者がヒットで出塁すると、3番の福田選手が2塁打を放ち、1点を先制。大平山・朝日もその裏、2番打者がヒットで出塁し、5番の後藤選手のヒットですかさず同点とした。しかし、3回表に南立石が2番の黒仁田選手のヒットで逆転に成功すると、連続ヒットや内野のエラーなどでさらに2点を入れて突き放すと、4回にも1点を追加。大平山・朝日も4回、5回と1点ずつを入れて追撃したが及ばず、5ー3で南立石が初優勝を飾った。
 南立石には、有限会社三又建設工業社からお菓子が、レストランプルニマから食事券が贈られた。また、南立石と大平山・朝日に株式会社サニオン社からスポーツドリンクがプレゼントされた。最優秀選手には、先発して3回まで1失点と好投し、4回に追加点を挙げる3塁打を放っち活躍した南立石の福田蒼輔投手が選ばれ、豊後屋竹かんむり社から食事券が進呈された。優勝した南立石のメンバーは次のとおり(敬称略)。
【南立石ファイターズ】▽代表=楠正司▽監督=黒仁田享▽コーチ=安田高士、長浦正▽選手=黒仁田翔和、郷司遥哉、繁野仁志、三浦伯、黒川和希、姫嶋虎太郎、福田蒼輔、河野蒼空、安田隼都、片山煌稀、川崎佳人、佐々木遥翔、塩手琉太、是永創裕、甲斐崎聖

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気