本紙購読

特集ページ

« 皇太子ご夫妻 大分県立美術館で作者と交流も | メイン | ボール型砂時計お披露目 »

2018年10月 9日 (火)

皇太子殿下2文化祭「印象的」

 宮内庁は、開会式終了後に会見を開き、皇太子殿下のおことばを公表した。
 「5年ぶりとなる大分県訪問、2人揃っては20年ぶりに大分県を訪れることができ、うれしく思います。広瀬知事から現在、大分県が取り組んでいる諸施策についてうかがい、県政の概要について理解を深めることが出来ました。県立美術館では、大分の美術の層の厚さを知ると同時に、障がいを持つ方々が様々な美術作品の創作に生き生きと取り組んでいる様子が印象に残りました。その後、開会式に出席しましたが、全国各地から多くの参加者を得て、2つの文化祭が開幕したことをうれしく思います。おおいた大茶会のテーマの下、この2つの文化祭を県全体で盛り上げていこうという熱意が感じられました。後半のオープニングステージでは、大分の風土と文化の多様性を題材とした物語を出演された皆さんが熱心に練習に取り組まれ、迫力ある舞台に作り上げられたことが印象的でした」とされ、「多くの県民の皆様に温かく迎えていただき、感謝いたします」と述べられたという。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気