本紙購読

特集ページ

« ニンハオ!再開 | メイン | 企業と学生のマッチングイベント »

2018年10月19日 (金)

客船「ウエステルダム」初寄港

 客船「ウエステルダム」(8万2862㌧、長さ285・24㍍、幅32・21㍍、オランダ船籍)が18日午前11時、別府国際観光港第4埠頭に初寄港した。横浜を出港し、清水、大阪を経て、別府に入港。午後10時、博多に向けて出港した。韓国の仁川に帰港する。

10193

10192

 乗客は、オーストラリア、カナダ、アメリカなど41カ国から1843人。バス19台で龍巻・血の池・海の各地獄めぐり、臼杵石仏・臼杵城跡などのツアーに出発した。
 第4埠頭の常設上屋で歓迎式典があり、はじめにミス別府の稲井佳香さんと日隈祐希さんが、マーク・ロウデン船長、スタッフキャプテンのサム・ホーキンさん、ホテルディレクターのリック・ドゥ・ブリュージンさん、チーフエンジニアのコリン・ジェイコブさんに花束を手渡した。
 川上隆別府市副市長が「別府市は、豊かな自然と温泉資源に恵まれた観光都市。今後も別府への寄港を増やしていただき、日本一の温泉を組み込んださまざまなツアーを試していただきますようお願いします」と長野恭紘県国際観光船誘致促進協議会会長(別府市長)のメッセージを代読した。
 続いて、川上副市長、大分エーゼント会代表幹事の瀧口一之鶴崎海陸運輸(株)取締役港湾本部長、豊田晴夫九州地方整備局別府港湾・空港整備事務所副所長、堤健一別府商工会議所専務理事の4人が、船長らと記念品の交換した。
 ロウデン船長は「別府市に入港できたことで、日本や別府市の良さを世界の国々の皆さんに伝えることができます。ウエステルダムの船長として、お互いの関係性を高めていくことに貢献できる機会に恵まれて嬉しく思います」とあいさつした。
 最後に、出席者全員で記念撮影した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気