本紙購読

特集ページ

« 別府鶴見丘高校でふれあい体験 | メイン | 別府法人会青年部会の税務研修会 »

2018年10月26日 (金)

濱田太貴さんヤクルト4位指名

 明豊高校の濱田太貴さん(18)=普通科3年生=が25日に行われた、プロ野球ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから4位指名を受け、プロへの第一歩を踏み出した。明豊高校からのドラフト指名でのプロ野球入りは、2009年の今宮健太(福岡ソフトバンクホークス)、2010の山野恭介(広島カープ、育成)以来、3人目。

1026ta2

1026tb2

 濱田さんは福岡県北九州市出身で、北九州市立沖田中学校から明豊高校に入学。1年から公式戦に出場し、2年の時には甲子園に出場。3試合15打席9安打、2本塁打、9打点の成績を残し一躍注目される選手になった。監督の指示で通常より4㌢長い87㌢のバットで練習をするようになったことで、本塁打を量産するようになり、高校通算45本塁打を放った。
 岩武茂代校長、赤峰淳硬式野球部長、川崎絢平同監督と一緒に中継を見守った濱田さんは、指名を受け「ほっとした」と話した。会見でスワローズでの理想の選手と目標を聞かれ「(理想は)山田哲人選手。トリプルスリー(同一シーズンに打率3割、30本塁打、30盗塁を決める)を3年連続とっている。長打も短打も打てる選手になりたい。プロになるという自覚を持って、これまで以上に頑張りたい。早く1軍で試合をし、打率2割8分ぐらいで、打点は多くとりたい。自分のスタイル(フルスイング)は大事にしながら、チームに求められるポジションでやりっていきたい」と意気込みを語った。
 「高校では、負けたくないという気持ち、我慢する力を教わった。これをプロでも大切にしていきたい。本塁打も多く打ちたいが、それよりもチームが勝つこと、打点を多くとることをやっていきたい」。対戦したい投手を聞かれると「ジャイアンツの管野投手」と答えた。
 川崎監督は「本人の良さは、勝負強さとしっかりとバットを振れること。この魅力を消さずに、まだまだ基礎体力がプロでやるには足りないと思うのでえ、入るまでにプロの練習、雰囲気についていける準備をしてほしい」とエールを送った。赤峰部長も「大きな試合になるほど、集中力が増す選手。考えてバッターボックスに立てる選手」と話した。
 校舎の外では、野球部の仲間の2、3年生約50人が待ち受け、仲間のプロ指名を一緒に喜んだ。それまでは緊張した表情だったが、仲間の顔を見て、少し涙ぐむ場面もあった。胴上げや肩車をしたり、一緒に記念撮影をするなどした。改めてプロ入りへの気持ちを聞かれた濱田さんは「(仲間には)今まで、ありがとうという気持ち。お世話になった人たちには、これから野球で恩返しをしていきたい」とした。
 今後はヤクルトと入団に向けた交渉を行うことになる。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気