本紙購読

特集ページ

« APUワールドカップ2018 | メイン | 濱田太貴さんヤクルト4位指名 »

2018年10月25日 (木)

別府鶴見丘高校でふれあい体験

 別府市教育委員会は、高校生と乳幼児およびその保護者が交流する「高校生と乳幼児のふれあい体験」を、大分県立別府鶴見丘高校で開催している。全7回。

1025o_2

 高校生が日頃あまり接することの少ない乳幼児とふれあい、命の尊さや赤ちゃんのぬくもり、子育ての楽しさや大変さなどを体験するのが目的。同校の家庭科ふれあい学習の一環。今年で18年目。
 初回の25日は、19組の親子と同校1年生40人が参加し、午前10時45分から始まった。生徒が「はじまるよ、はじまるよ」「パンダうさぎコアラ」を子どもらと一緒に歌った後、おもちゃのブロックを一緒に組み立てたり、絵本を一緒に読んだりして楽しんだ。新聞紙で剣を作ってチャンバラをして遊ぶ子もいて、盛り上がっていた。 参加者の濱田渚さん(32)の3男、敢心さん(2カ月)を抱っこしてみた八田賢伸さん(16)は「赤ちゃんは小さいけど意外と重さがあって、ズシっとした」と感想を述べ、濱田さんも「子どもたちは高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんと遊んでもらって楽しそう。生徒さんにも子育ての大変さなど、いろんなことを感じてほしい」と話していた。
 授業の最後に、生徒が「仲良くできるかが心配だったが、遊びで仲良くなれたと思う」「人見知りの子が最初は笑ってくれなかったけど、だんだんと心を開いてくれてうれしかった」と発表。お母さんも「我が子の成長も感じながら、貴重な体験ができた」などと話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気