本紙購読

特集ページ

« 濱田太貴さんヤクルト4位指名 | メイン | ビッグローブが温泉に関する調査 »

2018年10月26日 (金)

別府法人会青年部会の税務研修会

 別府法人会青年部会(神田純也部会長)は前期税務研修会を25日午後6時半、ホテルアーサーで行った。27人が出席した。

10262

 神田部会長が「先月は大分県連の竹田大会、来月は全国大会の岐阜大会があります。1年後には大分大会が控えていますので、確認するためにも十数名で参加したいと思います。しっかりと視察したいと思います。今研修会は別府税務署の担当官より貴重な話があるので、よく聞いて学びましょう」とあいさつ。
 研修会は、別府税務署法人課第1部門統括調査官の牧野光洋さんが講師を務めて、消費税などについて講話した。
 「おさらいになるのですが、消費税は広く公平に薄く課税するもの。消費者が負担する消費税は、簡単に説明すると、各業者が売り上げにかかる消費税から仕入れにかかる消費税を差し引いたものの総額となっている。厳密に言うと、他の一般経費があるので原価と売上だけで計算されるものではない」と述べた。
 消費税軽減税率制度とは、来年10月1日から消費税が10%(標準税率)になるが、一部を除いて8%(軽減税率)に据え置かれるものがある。
 対象は、酒・外食を除く飲食料品、週2回以上発行される新聞など。
 「外食産業から質問があるが、売上のすべて外食で出せば10%です。仕入れに関しては、外食ではないので8%となる。売りと出の消費税が違うことに注意してほしい。割りばしや皿は10%の仕入れとなるので、仕入れるときの消費税が混在することになる」と話した。
 そのほか、路線価についても説明した。
 研修会終了後、懇親会があり、交流を深めた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気