本紙購読

特集ページ

« 2018年10月 | メイン

2018年11月13日 (火)

適正公平な課税、徴収を

別府税務署長
今村 英雄(いまむら・ひでお)さん(60)

 今年7月に別府税務署長に着任。平成18年7月に総務課長の経験があり、久しぶりの別府勤務。

1113t2_2

 「市内を見ると、ホテルの建設ラッシュで、変わってきたなと感じています。税務署では、職員が減ったなという印象」と話す。
 17日まで「税を考える週間」が行われており、租税の意義や役割、理解を深めてもらうため、作文表彰や小学生対象のウルトラクイズなどを行う。「税は、適正公平な課税、徴収を実現することが基本。一般の善良な納税者には親切、丁寧に、悪質な納税者には厳正に対処します」。
 また、来年10月には消費税が10%引き上げと軽減税率制度が実施されるため、管内の商工会や商工会議所と連携して説明会を開催している。「説明会を積極的に行っていきたいので、要望があれば是非、声をかけていただきたい」とPRする。
 昭和58年4月に大阪国税局に採用され、昭和62年から熊本国税局に出向。熊本西税務署特別国税徴収官、熊本国税局徴収部特別整理第1部門統括国税徴収官、同徴収課長、菊池税務署長、国税庁長官官房熊本派遣監督評価室長などを歴任。
 税理士か会計士になろうと北九州大学商学部経営学科に。「ゼミの先生から勧められて国税局の試験を受けました。熊本地震の際は、徴収課長として被災された方へ何ができるかを考えました。災害が起った場合、納税の猶予制度があるのですが、それをどう広報して利用してもらうか、また面倒な書面提出をどうにか簡素化できないかと取り組んだことを思い出す」と振り返る。
 別府時代には、庁舎の耐震化工事を行い「駐車場の確保や納税者の皆さんの庁舎内への動線の確保などに神経を使った。当時、記念にと玄関前に植えたシダレザクラが枯れずに育っていて、感激した」と笑顔を見せる。
 「以前、長野県の善光寺で御朱印帳をいただき、それ以来、御朱印をもらうのが趣味。国東で六郷満山開山1300年記念の鬼の御朱印がもらえるということで両子寺(ふたごじ)と文殊仙寺に行ってきました。大学の時にはラグビーをしていたので、W杯があるのも楽しみ」と話す。妻と1男1女、孫もいる。現在、官舎で単身赴任。熊本県出身。

日名子敦子さんが今日新聞社訪問

 来年4月に行われる別府市議会議員選挙に立候補を予定している日名子敦子さん(49)が9日午前10時、今日新聞社を表敬訪問した。

1109o

 日名子さんは昭和44年、別府市青山町出身。市立青山小学校(当時)、県立別府鶴見丘高校を卒業と、生粋の別府人。武庫川女子大学および大学院終了後、同大学院生活環境学部で助手を努めた。学習分野は市場調査のマーケティングなど。結婚を機に別府市へ戻り、ホテルアーサーに嫁いだ。秋葉町在住。2男2女の母で、子育て真っ最中の現役主婦。教員免許を持ち、日本舞踊藤間流師範、長唄三味線名取など多芸。
 「女性議員がいない別府市の現状を見て、観光、教育、福祉など、女性の目線で発信していきたいと思った」と、立候補の理由を述べた。また、自身の子育て経験についてふれ、「親として上手くいかないと思ってしまうことが多々あり、何もかも中途半端になってしまっていた。子どもが生まれてからどういう風に育てていくか分からず、手探りな状態があった。幸い、相談できる人が近くにいたが、それでも悩むことは多い」と、子育て支援の一層の充実を訴える。「日本全体で晩婚、高齢出産の割合が大きくなり、子育てと親の介護が同時になる家庭は多い。たとえば学校行事でも、介護を理由に参加できない人もいる。そのほか、保育にかかる費用や家族の問題、医療費など、課題はたくさんある」と話した。
 自身のスローガンは「あっちゃんといっしょに別府を変えよう」。日名子さんは「まずは出来ることをコツコツと、やり抜いていきたい」と笑顔を見せていた。

糸永成二郎氏が本社を来訪

 来年の統一地方選で市議会議員選挙に出馬を予定している糸永成二郎氏(63)が12日午前10時、今日新聞社を訪れた。

1113t3

 糸永さんは浜脇出身で、別府鶴見丘高校から防衛大学校(防大22期)を卒業。海上自衛隊に入隊。平成22年に定年退官し、母親の介護のため別府へ戻ってきた。会社員などを経て、現在は別府市こども会育成会連合会事務局長、別府地区隊友会副会長などを務めている。
 出馬の動機について「以前、名古屋の地方連絡部で政治家と接する機会があり、引退したあとにそういう仕事をすることも大切なことだと思ったことや、曾祖父が議員をやっていたこともあり、私もやってみたいと思いました。人の役に立てるように積極的に働こうと思った」と話す。
 「仕事柄、多くの港を体験したが、別府はとても良い所だと感じる。防災計画を推進して完璧なものにしていきたい」として①別府市の地域防災計画の具現化を推進、国や県、NPO等との協力態勢を強化②趣あふれる街並みを整備し、他地域との連携を強化③別府を愛する人々の交流を促進し、人に優しい教育医療文化都市としての充実を図る④伝統文化・伝統工芸を奨励し、後継者育成プログラムを推進⑤里山・棚田を整備し、観光資源となり得る農林業システムを構築ーを掲げている。趣味は三味線、剣道など。

平成最後の句碑を除幕

 湯けむりと酒と俳句を愛する鉄輪愛酎会(板井眞澄代表)は「第26回年間最優秀句 句碑除幕式」を12日午前10時半、鉄輪上の湯けむり広場(句碑公園)で実施し、30人が出席した。

11132

 開会直前から降り始めた雨の中、第26回年間最優秀句に選ばれた井村節子さんが詠んだ「頂に春満月や湯のけむり」と書かれた句碑を除幕した。続いて、河野憲勝永福寺住職が読経し、参加者は焼香した。
 井村さんは「23年前に始めた鉄輪俳句筒・湯けむり散歩。句碑になることが夢でしたが、平成最後の今年、夢が叶いました。俳句の先生から『俳句は絵画に例えたらデッサンだよ。読者がそれに色を付ける』と教わり、それを胸に詠んできました。これからも俳句を詠みながら、皆さんと一緒に鉄輪を歩きたいと思います」と喜びの言葉を述べた。
 川上隆別府市副市長(市長代理)は「句碑が、鉄輪の湯けむりを背に並ぶ姿は、別府の魅力につながります。子どもから大人まで楽しめる俳句を、これからも楽しんで下さい」と祝辞を述べた。
 選者の甲斐梶朗さんは「湯けむりのちょうどあがった、春の満月を湯けむりが支えている。少し朧に潤んだ満月が、なんとも詩的だった。また、平成最後の句碑で、次の時代につなぐ句を選んだ」と話した。
 また、寺岡悌二別府市教育長、松川章三市議会議員、浜田博前別府市長らも出席した。

働き盛り世代の生活習慣を改善

 別府市は、働き盛り世代の生活習慣改善プランのためのモデル事業「就業前の朝活事業」の1回目を13日午前6時から、ホテルサンバリーアネックスで行った。

1113t2

 働き盛り世代は比較的健康のため、普段からの健康に無関心な傾向が強く、若い時からしっかりとした生活習慣の意識を持ってもらい、1人ひとりの生活に応じた健康的なライフスタイルを習慣化してもらい、健康寿命の延伸を図ろうというもの。対象は20~60歳。
 「朝活!みんなでモーニングラン」と「朝活!みんなでヨガ」の2コースがあり、ヨガはサンバリー、ランニングは別府パストラルで行う。
 初日は男女11人が参加し、ヨガインストラクターの松下佳菜さんの指導で、呼吸を意識しながらポーズをした。「しっかりと体を動かして、内側から美しい筋肉を作りましょう」などとアドバイスをして、参加者は先生の動きに合わせて体を動かした。
 朝活は初めてだと言う畠川えりさん(28)=会社員=は「体が温まって、すっきりした感じがする。普段あまり体を動かさないので、良かった」と話した。中島靖彦健康づくり推進課長は「体を動かすきっかけを作ることが大事。別府市は朝食を食べない人が多いので、温泉とパッケージにしたことでモデルとして今後続けていき、健康寿命の延伸に向けた1つのきっかけづくりになればと思う」と話した。
 参加者はヨガのあと温泉を楽しみ、朝食を食べてそれぞれの仕事に向かった。

2018年11月12日 (月)

大平山小学校と幼稚園40周年

 別府市立大平山小学校・幼稚園(平岡美佐子校長・園長)は、創立40周年記念式典を10日午前11時から、同校体育館で行われた。児童329人、園児30人を含め、地域の人や保護者ら大勢が参加した。

1112t3

 大平山小学校は昭和54年に開校し、56年に完成した校歌は、当時の6年生が作詞、保護者が作曲するなど地域に密着した学校として続いている。文部省(当時)から体力づくり推進校に指定されたり、NHK全国学校音楽コンクール大分県大会で3年連続金賞を受賞するなど幅広い分野で活躍を続けている。
 平岡校長が「この40年間、数々の教育活動を行い、家庭、地域の協力で地域と共に歩む学校としてやってきた。これまで466人が卒業し、幅広く活躍をしています。本日、学習発表会をする子どもたちの姿を見て誇らしく思い、保護者、地域の方への感謝の気持ちです。歴史を継承し、新しい風を取り入れながら、『子どもたちのために』を愛言葉に共に新たな歴史を築いていきましょう」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長、黒木愛一郎市議会議長が祝辞。PTAから新しい校旗が、市自治員会大平山地区から図書が寄贈された。児童を代表して、鈴木保錦児童会長が「学校活動の中で、協力の大切さを知りました。自分自身がさらに成長していけるように頑張りたい。もっと素晴らしい学校になるように頑張りましょう。これからも、私たちを応援して下さい」とお礼を述べた。
 栗山順一PTA会長は「最近では、共働きも多く、無理せず出来ることを出来る人が協力して楽しむということをやっていければと思う。保護者同士がつながることで、子どもとのつながりも深くなると思う。今まで以上に連携し、素晴らしい学校になることを願っています」と述べた。
 また、式典前には、学習発表会があり、合唱、オペレッタ、音楽劇、合奏などがあり、子どもたちが日頃の練習の成果を披露した。さらに、餅つきやふれあいバザーも行われ、賑わった。

福祉と消防のイベントに2万人超

 「第31回別府市福祉まつり」(別府市社会福祉協議会主催)と「第43回市民と消防のつどい」(市消防本部、市消防団、市少年婦人防火委員会主催)が11日午前9時50分、別府公園で開催され、約2万1千人が来場しにぎわった。

11123

11122

11122_2

 「福祉まつり」は、高齢者や障がい者をはじめ、市民誰もが地域社会の中で安心して心豊かに暮らしていける地域福祉を実現することを目的に、昭和63年に始まった。
 「市民と消防のつどい」は、防災技術や災害への備えを知ってもらおうため、51年にスタートした。
 当初、「福祉」「消防」が別々に行っていたが、平成6年から相乗効果をはかるため、合同で行うようになった。
 ステージでオープニングセレモニーを行い、主催者の長野恭紘別府市社会福祉協議会会長(別府市長)が「高齢者、子どもたち、障がいのある人もない人も、別府で安心して暮らしていける町をめざして開催されてきました。市民と消防のつどいは、これから冬に向かって火を使う機会が増えます。防火意識の向上と、地域で安全で安心して過ごす意識を高めるために開催しています。多くの模擬店が並んでいますので、思い出に残る一日にして下さい」。
 来賓を代表して黒木愛一郎別府市議会議長は「別府は、さまざまな福祉の取り組みが行われています。市民が心豊かに安心して安全に暮らせる町こそ、市民が望む福祉のまち別府と考えています。また、これから寒くなり空気が乾燥するので火事には気をつけて下さい」とそれぞれあいさつした。
 また、別府市議会の首藤正総務企画消防委員会委員長が紹介された。
 藤内英伸市消防団長が開会宣言し、市消防団女性分団ラッパ隊のファンファーレ演奏後、主催者と来賓者が並び千個の餅まきが行われると、多くの市民が手を振るなどアピールしていた。
 続いて、明星幼稚園幼年消防クラブの鼓笛演奏、市障害者自立支援協議会当事者部会の座談会、別府溝部学園・琴ウェルフェアーズの大正琴演奏、アンジェリークBATONチームのバトン、市防炎協議会の寸劇、ユニークダンスシアターのダンス、市消防本部の出動訓練・演舞などで盛り上がった。また、中段通路では、消防車と綱引きが行われた。
 福祉まつり会場では、17地区社会福祉協議会、21福祉団体の模擬店が並んだ。各地区社協が鳥モモ唐揚げ、助六寿司、焼き芋など、福祉団体の別府地区更生保護女性会、市老人クラブ連合会、メロディーなどが巻き寿司、饅頭、せんべいなどを販売した。
 市民と消防のつどいの会場では、市消防団第1~4分団、女性分団、市婦人防火クラブ、消防防災、LPガス協会が鹿肉・馬肉・鶏肉のつくね、フリーマーケット、カレーライスなどを販売し、行列ができた。
 体験コーナーでは、ちびっこレンジャー、放水、水消火器、はしご車、煙などの各体験などがあり、子どもたちは普段経験できないことにチャレンジした。
 小学6年生以下が対象で、防火・防災意識を高めることを目的としたスタンプラリーを開催。5つのスタンプを集めて、消防受付で記念品がプレゼントされた。
 また、別府公園東口脇ではエイドステーション企画の「福祉車両&福祉機器展示会」が開催された。各社の福祉車両が展示され、スズキの電動セニアカーの試乗が行われた。

2018年11月10日 (土)

上人小学校が創立50周年

 別府市立上人小学校(寺岡稔晃校長)は、創立50周年記念式典を10日午前8時45分から学校の体育館で開催した。児童303人、園児32人に地域の人、保護者らが参加した。

1110t3

 上人小学校は、北部中学校の跡地に昭和44年に開校し、50年に春木川小学校が開校され、一部児童が移った。これまで、NHK合唱コンクール大分県小学校の部で最優秀賞を5回受賞したり、アメニティモデルスクール認定、文化財愛護少年団を結成するなど、活発に活動を続けてきた。
 式典では、実行委員長の後藤剛PTA会長が「子どもたちを取り巻く教育環境は大きく変化していますが、上人校区の子どもたちが安全で安心して活動できる地域づくりが大切。地域の中にある学校としてコミュニティスクールなどの活動をしており、課題解決に向け、多くの人に参加してもらっている。児童の皆さん、新たな伝統を築いて下さい」。
 寺岡校長が「今年度はストレッチ運動に取り組み、ほぼ全ての学年で体育の種目調査の全ての種目で全国平均を上回ることができた。5、6年生は学力調査で県、全国を上回った。智、徳、体の調和の取れた児童の育成が伝統を作って行く事だと思う。地域の元気の源となれるよう、連携を深めていきたい」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長、黒木愛一郎市議会議長、同校卒業生でもある嶋幸一県議が祝辞。祝品として後藤会長から、小田原良愛児童会副会長にクリアファイルが贈られた。
 児童を代表して、鳥越郁子児童会長が「記念すべき年に在校生として過ごせていることをうれしく思います。笑人(しょうにんすまいる)をスローガンにしている。さらに私たちにとって良い1年となるように笑顔あふれる学校にしていきましょう」とお礼を述べた。
 功労者として交通安全指導員やスポーツ指導者など個人8人と2団体を表彰して、最後はみんなで校歌を歌った。
 引き続き文化祭とバザーが行われ、音楽劇、合唱、合奏、群読などが行われ、園児、児童が練習の成果を披露した。

市民と議会との対話集会

 別府市議会は、6~8月に実施した「市民と議会との対話集会」に関する要望書を9日午後3時15分、長野恭紘別府市長に手渡した。

1110t2

 議会では、市民に開かれた議会を目指して、対話集会を行っており、今年度は、広報公聴委員会が東山と浜脇中学校、総務企画消防委員会が消防団、観光建設水道委員会が立命館アジア太平洋大学(APU)、厚生環境教育委員会が太陽の家で意見交換をした。
 黒木愛一郎議長、森大輔副議長、荒金卓雄広報公聴委員長が出席。荒金委員長が「選挙権の年齢が引き下げられたことを受けて、昨年度から中学生を対象に実施しています。今回で一巡した。いろいろな意見が出て、中でも特に対策強化が必要なものなどを検討しました。執行部でも検討し、回答してほしい」と説明。黒木議長が要望書を長野市長に手渡した。
 要望書では▽消防団員の確保のため、入団しやすく活動しやすいよう早急な環境整備▽APUまでの交通の利便性が悪く、運賃も高い。増便や運賃の見直しなどについて事業者等との検討を▽障がい者に適した環境整備のため、交通の利便性の向上、バリアフリー住宅の推進などについて検討をーを挙げている。
 黒木議長は「どうしても要望的なことが多くなるが、中学生からは別府に対する思いを聞け、やって良かったと思う。防災、観光などいろんな意見が出た。今後も別府のため、市民のために協力していきたい」と述べた。長野市長は「若い世代に興味を持ってもらうことは大切。議会が真摯に取り組んでくれたこと。市の中でもしっかりとお答えできるように議論していきたい」と答えた。

2018年11月 9日 (金)

国民文化祭連句の祭典盛り上がる

 連句の祭典「湯けむりの町で 楽しい連句大会」が3、4日、別府市公会堂などで開催された。国内はもちろん、ドイツや米国からも合わせて695点の応募があった。第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の一環。

1106t2

 連句は複数人で句を詠みあうもので、「捌(さばき)」と呼ばれるリーダーが最初の「五七五」を詠み、次の人が関連する「七七」を詠むというもの。
 3日は吟行会を実施。臼杵散策バスツアーと別府てんてくガイドウォークコースに分かれて行われ、まちを歩きながら題材を見つけた。
 4日は午前10時から本大会があり、南雲玉江大分県連句協会長が開会のあいさつ。大塚浩・県東部振興局長(知事代理)、阿南寿和別府市副市長(市長代理)、青木秀樹日本連句協会長があいさつをした。
 入選作品の表彰式があり、下平幸人文化庁参事官付学校芸術教育室教育課程係長らが表彰状を授与した。受賞者を代表して文部科学大臣賞・20韻「河馬の目と耳」の巻捌の大月西女さん(愛媛県)が「思いがけない賞をいただきました。若手とベテランが相まって句が出来た。これからも連句を楽しんでいきたい」と謝辞を述べた。
 別府大学の江藤一子名誉教授が「温泉と健康と食」と出して講演。ごごからは実作会があり、別府ちなんで「竹瓦温泉」「浜脇温泉」「末広温泉」など温泉の名前をつけた34のグループでレ連句を楽しんだ。文部科学大臣賞以外の大賞部門の受賞者は次のとおり(敬称略)。
 ▽国民文化祭実行委員会長賞=「島雲に」の巻・杉本聰(富山県)▽大分県知事賞=「指の先」の巻・谷澤節(滋賀県)▽第33回国民文化祭大分県実行委員会、第18回全国障害者芸術・文化祭実行委員会長賞=「ミレーの絵」の巻・瀧澤尚子(富山県)▽大分県議会議長賞=「爪を研ぐ」の巻・宇野恭子(同)▽大分県教育委員会教育長賞=「仏足石」の巻・大月西女▽別府市長賞=「無伴奏チェロ」の巻・西篠裕子(徳島県)▽第33回国民文化祭、第18回全国障害者芸術・文化祭別府市実行委員会長賞=「命」の巻・同▽別府市議会議長賞=「よきことを」の巻・名本敦子(愛媛県)▽別府市教育委員会教育長賞=「生命線」の巻・松本奈里子(奈良県)▽一般社団法人日本連句協会長賞=「泣き虫」の巻・大西素之(愛媛県)、「ピアノの上に」の巻・田中啓子(岐阜県)▽大分県連句協会長賞=「画家の眼差し」の巻・谷澤節▽一般社団法人日本連句協会長功労賞=「峪の鶯」の巻・三宅繁代(大分県)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気