本紙購読

特集ページ

« ミス別府の日隈さんが一日消防長 | メイン | 別府市が平成30年度戦没者追悼式 »

2018年11月 9日 (金)

学校法人別府大学110周年記念事業

 学校法人別府大学110周年記念事業「110㍍巻き寿司でお祝いしよう」が8日午前10時半、同大学中庭で実施。別府大学附属幼稚園児111人、同大学食物栄養学科の学生40人や関係者ら200人以上が参加した。

11092

11093

 園児全員で歌「パプリカ」を披露し、「べっぷだいがく 110さい おめでとう」と書かれた幕も披露された。
 続いて、中庭にコの字に並べられた机の上に、用意したノリ650枚の上に白米40㌔㌘を敷き、その前に並んだ園児は自宅から持ってきた具材を置いていった。準備が完了し、音楽に合わせて一斉に巻いていった。園児は、小さい手でギュッギュッと力を込めていた。参加者の中には、二宮滋夫学校法人別府大学理事長もおり、園児が巻く姿を見ながら丁寧に作った。
 巻き終わると、学生や関係者らが包丁で切っていき、園児が具材を入れてきた弁当箱に入れた。園児は、年少・年中・年長で分かれて中庭芝生の上で食べて、学校法人別府大学の110歳を祝った。
 年長組の次良丸昴生さん(6)は「大好きなウインナー、キュウリ、マヨネーズを入れた。初めて巻いたけど、上手く出来た。またしたい」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気