本紙購読

特集ページ

« 適正公平な課税、徴収を | メイン | 上人小学校で「もりりん教室」 »

2018年11月14日 (水)

21世紀を担う別府っ子表彰式

 別府市は、平成30年度第21回21世紀を担う別府っ子表彰式を13日午後4時、市役所で行った。
 地域活動やボランティア活動を積極的にしている青少年の個人や団体、その指導者や団体を表彰するもの。今回は、青少年の部で個人1人、3団体、指導者の部で個人2人、2団体。

1114t3

 長野恭紘別府市長が青少年に、寺岡悌二教育長が指導者に表彰状を手渡した。長野市長は「別府市では、ひとまもり・まちまもりをもとに町づくりをしています。子どもたちの明るい未来のための環境づくりに努めている。指導者においては、青少年の活動を支え、地域と共にある若者の育成にご尽力いただいている。地域の子どもは地域で守り育てるを合言葉に、青少年の健全育成を積極的に行い、社会に明るい希望を与え、市民の模範となることを願っています。今後もなお一層活動を続けていただき、21世紀の別府を担う若者に成長してくれることを期待しています」とあいさつ。寺岡教育長も「取り組んだ活動や姿は尊いもの。健全な社会参加につながると期待してる。指導者には、未来を担う子どもたちのため、今後も変わらないご支援をいただきたい」と述べた。
 来賓の森大輔市議会副議長(議長代理)と木村浩和別府警察署長が祝辞。受賞者を代表して、青少年部の団体の山の手中学校環境委員会の筒井駿斗さんが「日頃行っている活動が多くの人に認めていただけたことを嬉しく思い、感謝でいっぱいです。地域の中の学校としてボランティア活動にも力を入れていて、15年以上前から全校生徒にタオルを寄付してもらい、障がい者就労施設にぞうきん加工用に役立ててもらおうと寄付している。保護者を始め、地域の協力あって成し得ることが出来た。これからも謙虚な気持ちでボランティア活動を続け、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えていきたい」とお礼を述べた。受賞者は次のとおり(敬称略)。
【青少年の部】▽個人の部=小野颯音(青山中学3年)▽団体=山の手中学校環境委員会、県立別府翔青高校吹奏楽部、別府溝部学園高校調理部
【指導者の部】▽個人の部=安部八信(地域活動)八垣禎子(ボランティア活動)▽団体の部=東荘園青壮年会合唱団、北部中学校学校運営協議会環境支援部

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気