本紙購読

特集ページ

« 日名子敦子さんが今日新聞社訪問 | メイン | 21世紀を担う別府っ子表彰式 »

2018年11月13日 (火)

適正公平な課税、徴収を

別府税務署長
今村 英雄(いまむら・ひでお)さん(60)

 今年7月に別府税務署長に着任。平成18年7月に総務課長の経験があり、久しぶりの別府勤務。

1113t2_2

 「市内を見ると、ホテルの建設ラッシュで、変わってきたなと感じています。税務署では、職員が減ったなという印象」と話す。
 17日まで「税を考える週間」が行われており、租税の意義や役割、理解を深めてもらうため、作文表彰や小学生対象のウルトラクイズなどを行う。「税は、適正公平な課税、徴収を実現することが基本。一般の善良な納税者には親切、丁寧に、悪質な納税者には厳正に対処します」。
 また、来年10月には消費税が10%引き上げと軽減税率制度が実施されるため、管内の商工会や商工会議所と連携して説明会を開催している。「説明会を積極的に行っていきたいので、要望があれば是非、声をかけていただきたい」とPRする。
 昭和58年4月に大阪国税局に採用され、昭和62年から熊本国税局に出向。熊本西税務署特別国税徴収官、熊本国税局徴収部特別整理第1部門統括国税徴収官、同徴収課長、菊池税務署長、国税庁長官官房熊本派遣監督評価室長などを歴任。
 税理士か会計士になろうと北九州大学商学部経営学科に。「ゼミの先生から勧められて国税局の試験を受けました。熊本地震の際は、徴収課長として被災された方へ何ができるかを考えました。災害が起った場合、納税の猶予制度があるのですが、それをどう広報して利用してもらうか、また面倒な書面提出をどうにか簡素化できないかと取り組んだことを思い出す」と振り返る。
 別府時代には、庁舎の耐震化工事を行い「駐車場の確保や納税者の皆さんの庁舎内への動線の確保などに神経を使った。当時、記念にと玄関前に植えたシダレザクラが枯れずに育っていて、感激した」と笑顔を見せる。
 「以前、長野県の善光寺で御朱印帳をいただき、それ以来、御朱印をもらうのが趣味。国東で六郷満山開山1300年記念の鬼の御朱印がもらえるということで両子寺(ふたごじ)と文殊仙寺に行ってきました。大学の時にはラグビーをしていたので、W杯があるのも楽しみ」と話す。妻と1男1女、孫もいる。現在、官舎で単身赴任。熊本県出身。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気