本紙購読

特集ページ

« 第41回大分県更生保護大会 | メイン | 別府商工会議所 永年勤続表彰(20、30年) »

2018年11月29日 (木)

日米共同訓訓練で別府の地元説明会

 別府市と九州防衛局は、12月7日から19日まで、日出生台演習場、十文字原演習場、航空自衛隊築城基地で行われる平成30年度日米共同訓練について、地元説明会を28日午後7時、内竈コミュニティーセンターで行った。天間、大所、内竈、野田、湯山、明礬地区の住民ら約50人が出席した。

1129t2_2

 冒頭、山田憲和陸上自衛隊第41普通科連隊長兼別府駐屯地司令が「今回の訓練では、別府の部隊が基幹部隊として参加する。皆さんが心配しているであろう、オスプレイなどについて説明をしたい」と述べた。阿南寿和別府市副市長は「19日に県庁で説明を受けて、22日に二日市副知事と福岡の防衛局に要請をしてきた。市民が不安のないような形でやりたい。キタンのない意見を聴かせていただきたい」とあいさつをした。
 九州防衛局から、訓練概要について説明があった。訓練は、指揮機関訓練として、射撃、空中機動、警戒部隊による駆逐といった機能別訓練と総合訓練が行われる。十文字原では、射撃の戦闘射撃と至近距離射撃が行われ、オスプレイの離発着は行われないこと、午後9時以降は行わないことなどが説明された。
 住民からは「何故、十文字原で行わなければいけないのか。訓練時間は守られるのか」「来年以降はどうなるのか」「オスプレイは岩国基地から日出生台に飛ぶというが、途中も心配」「車両がつらなり、生活道路に支障はないか」「観光シーズンなので、配慮をしてほしい」などの意見が出た。
 防衛局は「限られた期間で成果をあげるためには、十文字原は戦闘訓練場として整備されている。訓練規模は、陸上自衛隊が通常行うものと同等あるいはそれ以下になるので、騒音が特別大きくなることはないと思う。訓練時間は、地域との約束を逸脱することはない」「訓練が恒常化することを心配していると思うが、来年以降の訓練はまだ白紙だが、そうはならないと思う」「飛行区域は、日米調整会議の中で人口密集地や集落を提示してあり、そこは飛ばないということになっており、高い高度で飛ぶことになる。迷惑をかけないように調整をしている」「可能な限り、生活に影響がでないように調整していきたい」などと答えた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気