本紙購読

特集ページ

« 南小学校が「きらめきコンサート」 | メイン | 礒崎陽輔参議院議員が来社 »

2018年11月19日 (月)

国民文化祭日出町リーディング事業

 第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の日出町リーディング事業「こども文化の祭典」が17、18日に町中央公民館やJR暘谷駅周辺で行われた。

1119ta2

1119tb2

 17日は午前10時から、中央公民館でこどもミュージカル「サンタ会議」を開催。見習いサンタが3人の女の子に贈るプレゼントを巡ってぶつかり合いながら「本当に大切なプレゼントは何か」に気づいて成長していく物語。公募で集まった町内の小・中学生26人の子どもたちが「MUSICADIUMHIJI」を結成。ミュージカル初挑戦の子どもたちが練習の成果を披露して一生懸命歌って踊った。
 また、日出支援学校の児童・生徒33人が楽器を演奏し「星に願いを」を合奏。みんなで「ジングルベル」を歌った。
 暘谷駅周辺では、「ミラ☆イベ!」を実施。午前11時から歩行者天国にして、マルシェを開いた。パン、コーヒー、ベーグル、バーガー、焼き芋、自家製紅茶など様々な店が並び、長蛇の列ができていた。
 午後1時から特設ステージでオープニングがあり、本田博文町長が「世界の瓢箪展を皮切りに、瀧廉太郎音楽祭などを行い、多くの人に参加してもらった。日頃なかなか見られない催しを通じて、文化を実感してもらえればと思う。芸術の秋を楽しんで下さい」とあいさつ。来賓の森昭人町議会議長が祝辞。
 子どもたちに大人気のミュージックユニット「ケロポンズ」が登場し、日出町のために制作した歌や「エビカニビクス」、パネルシアターなど歌と踊りで楽しませた。
 図書館では、元気のでる!ワークショップとして缶バッジ作り、おおいた大茶会盛り上げ隊の中島眞一さんの切り絵実演などもあった。
 18日には、中央公民館で「ひるなかモンブランコンサート」が行われ、ピタゴラスイッチなどで有名な「栗コーダーカルテット」が出演し、日出中学校吹奏楽部とセッションするなどした。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気