本紙購読

特集ページ

« 亀川モデル地区避難所運営訓練 | メイン | 命名の由来は »

2018年11月27日 (火)

ベテラン3人に秋の叙勲など

 今秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した元別府市消防団第9分団長の安部源六さん(74)=小坂=、第31回危険業務従事者叙勲で瑞宝双光章を受章した元別府市消防本部予防課長の伊勢戸國広さん(71)=新別府=、瑞宝単光章を受章した元市消防本部庶務課参事の瀨口洋一さん(71)=馬場=の3人が26日午前10時半、長野恭紘別府市長を訪問した。

11272


 受章者が紹介された後、長野市長が「長年にわたり、別府市民の生命、財産、安心、安全を昼夜を分かたず守っていただいたことが形になったと思っています。これまでの功績が評価されたものです。先輩たちの指導や仲間の協力があったことを忘れないで下さい。これからも、お力添えをいただければと思います」とねぎらった。
 受章者を代表して伊勢戸さんが「この度、具申にあたり温かいご推挙により、このように素晴らしい章を受章することができましたことに、心より感謝申し上げます。この受章を機に、これまで培ってまいりました『防災に対する知識』を、これまで以上に市民や地域住民のために役立ててまいりますことをお誓い申し上げます」と謝辞を述べた。
 また、安部さんは消防団歴33年3カ月、伊勢戸さんは消防歴40年11カ月、瀨口さんは消防歴37年3カ月と、消防職・団員として永年勤続し、功績が優秀で他の模範と認められた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気